MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ボールジョイントのサビを放っておくと危険だということ

time 2016/02/06

ボールジョイントのサビを放っておくと危険だということ

ボールジョイントです。これはタイロッドエンドですが、通常ボールジョンとという場所にはブーツが着いていて、中にグリスが封入されています。
水の浸入を防ぐためです。

このボールジョイントのダストブーツが破けていると、中が錆びてジョイントにガタが発生して、最悪ジョイントが抜けてしまうので、ブーツは切れたら車検に適合しなくなります。

交換しないといけなくなるということですね。

c-log915-01
タイロッドエンドブーツ

ゆすってみたけれど、ガタはない。ブーツが切れていたので交換しようとブーツを外してみるとびっくり

c-log915-02
中身はすでに錆錆。

c-log915-03
あまりにも錆びているが、ガタツキはなし。一応オーナーにその旨伝えて、安全をこめてタイロッドエンドも交換したほうがいいと伝えたが、

車検に適合するならブーツだけでよいという回答だった。

c-log915-04
久しぶりにココまでさび付いているジョイントを見た。しかしガタがない。

c-log915-05
仕方が無いので、掃除してブーツをつけることに。

c-log915-06
ジョイントの中にグリスを流し込む。

c-log915-07
新しいブーツをセット

c-log915-08
修理完了

ボールジョイントの錆についてでした。

 

タイロッドエンドはこう言った工具を使って外したりします。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ