ボールジョイントのサビを放っておくと危険だということ

ボールジョイントです。これはタイロッドエンドですが、通常ボールジョンとという場所にはブーツが着いていて、中にグリスが封入されています。
水の浸入を防ぐためです。

このボールジョイントのダストブーツが破けていると、中が錆びてジョイントにガタが発生して、最悪ジョイントが抜けてしまうので、ブーツは切れたら車検に適合しなくなります。

交換しないといけなくなるということですね。

c-log915-01
タイロッドエンドブーツ

ゆすってみたけれど、ガタはない。ブーツが切れていたので交換しようとブーツを外してみるとびっくり

c-log915-02
中身はすでに錆錆。

c-log915-03
あまりにも錆びているが、ガタツキはなし。一応オーナーにその旨伝えて、安全をこめてタイロッドエンドも交換したほうがいいと伝えたが、

車検に適合するならブーツだけでよいという回答だった。

c-log915-04
久しぶりにココまでさび付いているジョイントを見た。しかしガタがない。

c-log915-05
仕方が無いので、掃除してブーツをつけることに。

c-log915-06
ジョイントの中にグリスを流し込む。

c-log915-07
新しいブーツをセット

c-log915-08
修理完了

ボールジョイントの錆についてでした。

タイロッドエンドはこう言った工具を使って外したりします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)