MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

トッポ メーター内Dレンジ電球切れた。メーターを外して電球交換

time 2015/07/25

トッポ メーター内Dレンジ電球切れた。メーターを外して電球交換

三菱のトッポです。
メーター内のDレンジ電球がつかなくなってしまった
ということです。

c-log714-01
三菱トッポ

これくらいの年式になってくるとメーターを外すのも楽チン
電子制御でスピードメーターを動かしているからね。
メーターワイヤーを使っていないタイプ

c-log714-02
まずはメーターナセルの2本ネジを外します。

c-log714-03

これでカバーが外れるトッポ
c-log714-04

次にメーターをボディに固定しているネジを3本外します

c-log714-05
1本
c-log714-06
2本

c-log714-07
3本

これでメーターが動かせられます。

c-log714-08
メーターASSYは取り外せます

c-log714-09
あとはメーター内のDレンジ球を交換するだけ

c-log714-10
完了!

何故Dレンジメーター球が良く切れるかというと、
そりゃ当然他のレンジよりも点灯している時間が圧倒的に長いから。

Dレンジが切れたら次はPかRかNが切れるかな?

以上トッポのメーター内Dレンジ電球交換でした。

自分でやれば安上がりです。

工賃は3000円前後くらい取られると思います。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ