MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

三菱 トッポ タイミングベルト交換

time 2015/08/13

三菱 トッポ タイミングベルト交換

三菱トッポです。
希少なマニュアル車。
営業さんから
「この車を25万円で車検を取って販売したい」
という相談を受けました。
この営業さんは、いわゆる儲けは少なくてもお客さんに最大限の満足を与えたい
そんな信念をもっている人でありますので、ご要望にお答えすべく車検整備をしました。

c-log765-01
三菱トッポ

MHOが実践したメニューは

エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
ファンベルト交換
プラグ交換
ヘッドカバーパッキン交換
クーラント交換
タイミングベルト交換
テンショナー交換
ウオーターポンプ交換
カム・クランクオイルシール交換
オイルポンプのオイルシール交換
オイルポンプパッキン交換
タイミングベルトカバー交換
Fブレーキパット交換
リヤマフラー交換
ブレーキオイル交換
ワイパーゴム3本交換
Rハッチアウターハンドル交換
タイヤ4本新品交換

と、車検代をあわせて25万円。
因みにこのトッポの下取り価格は5万円だったそう。
儲けは全て工賃と部品代にしかならないけど、きちっと整備して販売したいと。

と、いうわけでトッポのタイミングベルト交換

c-log765-02
搭載されるエンジンは3気筒のバランサーシャフト搭載の3G83エンジン。

下回り整備から。オイルとクーラントを抜きながら、Rマフラーとブレーキパットを交換。中間検査
車を下げてエンジンの整備に。

エアクリーナーケースとプラスチックサージタンクを外します。

c-log765-03
そしてプラグとヘッドカバーのパッキンを交換
プラグ交換時にこの3G83エンジンはダイレクトイグニッションのイグニッションコイルを壊しやすいので注意。

そして、補機ベルトを外します。
オートテンショナーの1本がけサーペインタイン式。

オートテンショナーもタイミングベルト交換に邪魔になるので外します

c-log765-04
ウオーターポンプを外すにはオルタネーターを少し移動させないといけない。
ウオーターポンプとオルタネーターを固定している12mmのネジを外して、オルタネーターをレバーでちょっとこじって
邪魔にならない場所まで移動。

クランクボルトはインパクトレンチが入るのでインパクトで外し、
タイベルカバーを外します。

c-log765-05
ウォーターポンプとカムスプロケットを外して

オイルシールの交換に。ウオーターポンプのパッキンを剥がすのが大変。

c-log765-06
新品のウォーターポンプを組み付け。

c-log765-07
カムのオイルシールを打ちかえ

c-log765-08
オイルポンプを外します。オイルが出てきますので注意

オイルポンプのギヤをきちんと組み付け時にマークにあわせておくこと。

c-log765-09
下から見た図

クランクのオイルシールも交換

c-log765-10
新しいタイミングベルトとテンショナーを付けて、
張りを与えてテンショナーボルトを締め付け
タイミングのあわせ間違いだけは絶対にやらないこと。

c-log765-11
オイルが漏れていた車両はタイミングベルトカバーが変形しているので
交換すること。

c-log765-12
各プーリーをつけて、ベルトを張ります
エアコンコンプレッサーの溝に上手くはまらない場合があるのでよく溝に入ったか
確認してください。一こまずれていたら、ベルトは数キロ走ったら切れてしまいます。

c-log765-13
オイルとクーラントを入れてクランキング

漏れがないかを確認。

c-log765-14
これでエアクリーナーケースをつけて完了

c-log765-15
完成

エンジンを再び回して、漏れがないかを確認。
下回り防錆塗装を施して、タイヤを交換。組み付け。

最後にワイパーとRのハッチアウトハンドルを交換して車検終了となります。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ