タウンエース O2センサ交換

トヨタのタウンエースです。
エンジンチェックランプが点灯するということで入庫しました

c-log964-01
タウンエース

搭載されているのはK型エンジンでガソリン車

ダイアグをつないで診断すると

c-log964-02
O2センサーの異常。O2センサーを故障に導いている外的要因を探したがなさそうで、
センサーが壊れてると判断。この車両はリース車なので、リース会社に電話したら部品を支給してくれるということ

c-log964-03
ということで、タウンエースのO2センサー交換です

c-log964-04
O2センサーは助手席側のエンジンルームの奥についています。

エキマニ?フロントパイプ?カバーがついているからよく分からないけど
マフラーの先っぽ

c-log964-05
センサーの配線をフリーにする。助手席のバルクヘッド付近に固定されているのが
O2センサーのカプラー

c-log964-06
そうしたらこのカプラーから22mmのめがねレンチを通していく

最初だけが固い

c-log964-07
ちょっと緩めば手で回ります

一つもっていると役に立つO2センサソケットです。
c-log964-08
新しいセンサーを取り付けます

c-log964-09
リース車両なので、安価な社外のO2センサーが届きました

c-log964-10
あとは逆の手順で取り付けるだけ。

ダイアグノーシスをリセットしないとメモリーに残ったままになるので注意。
O2センサーの注意書きには、作業の前にダイアグの故障コードを消しておかないと
センサーに悪影響を及ぼすと書いてあるので
なるべく交換前にダイアグの故障コードを消去しておいて、センサーを交換するのがいいと思います。

DIYでやりたい人は、コードだけ工場で消してもらいましょう。

工賃は5000円はかからないですよ。0,6時間なので。

タウンエースのO2センサー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sho5 より:

    O2センサーソケットはフレアナットレンチと並んで強度品質が重要ですよね。
    というのも、ツルカンパニストレートで買ったらFLAG社製でした。
    専業メーカーやん!と喜んだのですがグニュッと開いてヌルッとすべりました。
    何を信じたらいいのか、次回必要になったら京都にしようと思います。