MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タウンボックス U64W DOHCターボ タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

time 2016/08/26

タウンボックス U64W DOHCターボ タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

タウンボックスです。
U64W
エンジンはDOHCの4A30を積んでいます。
オイルが漏れていたのでタイミングベルト一式を交換することに
それが相当大変だったのですよ。
ちなみにターボもついています

c-log1100-01
タウンボックス U64W 4A30エンジン・ターボ タイミングベルト交換

もう何がって狭いところにDOHCをぶち込むものじゃない。とにかく作業がしにくいのです。
まずはアンダーカバーを外して、インタークーラーを外します

c-log1100-02
エンジンはカバーに覆われている。インタークーラーのエアダクトです

c-log1100-03
補機ベルトを外してクランクプーリーを外しにかかります。補機ベルトは2本

c-log1100-04
補機ベルトを張っているテンショナーを外す

c-log1100-05
クランクプーリーを外したらウォーターポンププーリーも外す

c-log1100-06
外したプーリー

続いてタイミングベルトカバーを外しにかかりますが、ベルトカバーが絶望的に抜きにくい

c-log1100-07
上からも攻めますが、全く話にならない。センターコンソールを外すことにした

c-log1100-08
センターパネルを外さないと作業がしにくい

c-log1100-09
冷却水のホース類を外さないとベルトカバーが抜けそうもない

c-log1100-10
ようやく外れたタイミングベルトカバー。1番圧縮上死点にして、ベルトを外しにかかります

c-log1100-11
各スプロケットを外して、オイルシールを交換する。

c-log1100-12
カムのスプロケットも工具が入りにくくて外しづらい

c-log1100-13
つづいてウォーターポンプを外す

c-log1100-14
新品へ

c-log1100-15
カムのシールなんか絶望的に交換しにくい

c-log1100-16
各シールを交換したら、テンショナーやアイドラーを交換

c-log1100-17
スプロケットを元に戻してベルトをかける

c-log1100-18
タイミングがあわせにくい

c-log1100-19
クランク

c-log1100-20
鏡に映してカムのマークがあっていることを確認

タイミングベルトに張りを与えて元に戻す

c-log1100-21
カムのオイルシールを交換したら6,7時間だって。そりゃやりにくいわけだ。

整備士にオーダーしたら、7~8万を超えて来る可能性もあります。
軽だと思ってもこんなにやりにくい車もあるんだなと思いました

タウンボックスU64W DOHC ターボのタイミングベルト交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ