トヨタのナビ マップオンデマンドでの地図更新でUSBを認識しなかった原因

純正のカーナビって、そのほとんどが地図更新が無料でできるようになっています。その期限は3年間くらいの間。

つまり初回車検時までに、地図データを無料でアップデートすることができる。そのやり方はメーカーやナビによって様々です。三菱は純正ナビのシリアルナンバーと更新ファイルのナンバーでディーラーにて無料ロムを取り寄せることができます。

今回はトヨタの話です。トヨタの最新ナビはマップオンデマンドで地図データを更新することができるんです。

今回依頼を受けたのがクラウンです。型式はAWS210。

純正ナビ装着でマップオンデマンドにて更新が可能。ちなみにG-BOOKを活用している人ならば、ナビ本体で送受信をして地図データを更新することができます。

今回のケースはパソコンからデータを落として、USBに書き込んで車両データを更新することを代行してやってみた。

トヨタ マップオンデマンドでの地図データ更新

まず条件なのが、マップオンデマンドの無料更新期間にあること。この写真の場合、2018年9月20日までは無料で更新ができます。

マップオンデマンド

上のサイトから、データをダウンロードすることができます。

社外ナビのように、ナビ自体のシリアルナンバーなどが必要かというとそうでもありません。自由にデータはダウンロードできる模様。

ただ車にアップデートするには無料期間内でないとダメということ。

ナビの画面で使ってる地図タイプを確認します。

この場合頭が11から始まるデータになります。便利なのは、この11のデータをダウンロードすれば、そのデータは他の車種でもアップデートすることができる。

つまりUSBにデータを移せば、他の車種でも使えるということ。当然無料期間中にある車じゃないとダメですけどね。

マップオンデマンドでの更新作業中に、僕がつまづいた点を書いておきます。

作業のフローはこんな感じです。今回のクラウンはHDDナビです。

車両の地図データの2桁を調べる(写真は11)

マップオンデマンドのHPより該当の地図データをダウンロードする。

(ダウンロードデータはCD-RやDVDに焼いたり、USBに書き込むなどができます。)

ダウンロードしたデータを解凍して記録媒体にコピー

車両に読み込ませてアップデートする

文章にするとこのような流れになります。

前述した通り、僕は記憶媒体をUSBメモリにしました。会社でプライベートに持っていた物がUSBメモリしかなかったからです。

まず、USBメモリの中身をすっからかんにします。フォーマットしてもいいです。

そして、USBメモリの対応フォーマットはFAT16/FAT32のどちらかです。

このUSBメモリを準備できたら、マップオンデマンドのダウンロードページから必要な都道府県のデータをダウンロードします。

僕はまずここで47都道府県全てのデータをダウンロードしてみました。HDDナビの場合1つ1つダウンロードする都道府県が選択できます。が、ダウンロードされたZIPファイルを解凍しても、車両へ書き込むフォルダが形成されなかった。ここでつまづきました。

USBメモリに入れるデータはフォルダが2階層になっています。1階層目のフォルダがmapupdataで、その中にdiffというフォルダが存在します。そのdiffというフォルダの中に「07947099.DFF」といったファイルが存在します。

このファイルが各都道府県の数だけ本来なら存在する。

一括でダウンロード・解凍したら、そもそも展開される解凍ファイルの名前がmapというフォルダで、その中に直に07947〜.DFFというファイルが48こ入っていました。

このままのデータを車両側にUSBで接続しても認識しません。

USBをさす。

このUSBで更新というボタンが光らない。なんでだよーと思って調べていったら、一括で全ての都道府県をダウンロードすると、上記のようにmapフォルダになるので認識しなかった。

試しに住んでる長野県だけでダウンロードしなおしたら、zipファイルを展開した段階で、きちんとフォルダが2階層になりmapupdata→diffというフォルダ。その中に必要なDFFファイルが入っていた。

このデータをUSBに入れて車両側につけると

USBが認識して、落とした都道府県データを車両側へコピーすることができました。

地図データをHDDにコピーしたら、あとは書き換え作業です。ここからはUSBメモリは抜いても大丈夫。このあたりは社外のナビと同じです。電源を切っても更新作業が中断されるけど、電源を入れ直したらまた続きから始まるといった感じ。

ちなみに1回の動作で、更新できる都道府県は3つまで選択可能。調べていくと、これを繰り返しアップデートしていくことで一応全ての都道府県データを書き換えることができそうです。

ただ膨大な時間が必要になる。これはもはや代行して行うレベルを超えちゃうほどです。1つの都道府県でも予想終了時間が180分とかって出てますからね・・・。

ということでまとめます。

トヨタ マップオンデマンドのまとめ

ナビゲーションがHDDで、記憶媒体はUSBを使うことを前提のまとめです。

・使用するUSBメモリの中身はからにしておく。

・USBメモリのフォーマットはFAT16/FAT32のどちらか。

・都道府県データを一気に全部ダウンロードすると、zipファイルを解凍した時に展開されるフォルダがmapになる為、それをUSBにコピーしても車両側では認識しない。

・更新データファイルは2階層のフォルダ。mapupdata→diffというフォルダ。その中に必要なDFFファイルが入っていること。

・1回の更新で車両側にデータをコピーできるのは3つの都道府県まで。

・無料期間中なら3つの都道府県を更新した後何回も根気よく続ければ、47都道府県全てを更新できる

以上です。これを自分でやるのが嫌なら、代行してもらう手もあります。ただお金がかかります。

有料データとして全ての都道府県データを買うこともできます。21600円とディーラーでは言っていました。毎年11月ごろ新しいバージョンになるので、できれば12月くらいに買ったほうが新しいバージョンです。

一般の社外ナビにも共通して言えることですが、ナビゲーションのバージョンアップって情弱の人ではできないと思います。ただそれを業者側で代行するのもいまいち難しい。今回僕は代行してみたけど、全ての都道府県を更新するには難しいからUSBメモリを渡して、無料期間中に自分で続きをやってください。

とお願いしておきました。マイカーなら通勤中に1日1つ更新して47日でコンプリートできる。逆算すると無料更新期間が終わる2ヶ月位前からチマチマ始めていかないと、ストレスになりますね。

それが嫌なら21600円払って有料データ買ってください!ああっ!なんという手間!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 爆進王 より:

    初めまして、
    地図の更新を興味津々でよみました。
    私の車は、新車で購入したんですけど、ディーラーで地図を更新してと頼んでも
    更新は、車検の時だけと更新してもらえずこの間やっと更新してもらいました。
    たしか、2回は更新無料と書いてあったのですが、ここには一言も”車検の時”
    とは書いてありませんでした。
    地図更新にこのような時間がかかるから車検時だけ無料で更新してもらえるのでしょうか?
    車と一緒に購入しているのに任意の時期に更新できない、ユーザーでは更新できないでは
    なんか、携帯の2年縛りみたいでいやな感じです。
    お金を払ってでも自分で地図を更新できるナビはあるのでしょうか?
    ちなみに、車はホンダ車でナビはギャザーズです。

    トヨタ車の場合、一括ダウンロードで mapupdata→diff を作ってあげてアップロード
    することができるんでしようかね?

    • MHO より:

      純正ナビのバージョンアップはメーカーによって様々です。多いのがナビの保証書にシリアルナンバーが入ってるタイプで、これだと3年間で1回無料更新ができるものが多いです。大体初車検の時に思い出したかのように依頼されるわけですが、任意のタイミングでも大丈夫だと思います。ただ、3年経過すると更新ができなくなります。
      無料更新期間が終わった場合、バージョンアップディスクを購入してもらえれば、新しいバージョンが出続ける限りは更新ができます。費用は20000円弱が多いです。10年も経過した車種になるとバージョンアップが終わってる可能性があるので、最終のバージョンがいつの地図なのかを見極めてからバージョンアップしないと結果損する可能性もあります。(2014年の地図が最新バージョンとかの場合、現在2018年なので4年も前の地図を有料で購入する?という悩みになります。)
      トヨタのG-BOOK対応ナビはマップオンデマンドで書き換えファイルを手に入れられるので任意のタイミングで3年間は何度でもバージョンアップをすることができるようです。