スバル トラヴィック クーラント漏れ修理

スバルのトラヴィックです。
ちょっとマイナーながらコアな人気がある車です。
このトラヴィックですがわが社でも中古で売れました。

c-log590-01

スバルトラヴィックは
いわゆるスバルの外車。中身はオペルの車です。
当然整備も使い勝手も全てが外車。

そんなトラヴィックですが、トラブルが発生しました。
何かというと、水温計が安定しない。
オーバーヒート気味

ということでした。

で、お客さんはなんとしても夕方には返してくれってことになっているんで
本格的な整備はできないにしろ、診断くらいはして突き止めたいところ。
(車を預からせてくれって強く要望したが駄目でした)

で、原因はコレ

c-log590-02
クーラントのサブタンクが空に近い。

クーラントをあわてて足してやって見ると、
水温計が安定しました。

水温計が安定しなくてオーバーヒート気味だと思っていたのは
実は冷却水がたりなかったのが直接の原因でした。

ですが、そこで次の疑問ですよね?

なぜスバルトラヴィックのクーラントが減るか!?

つまりどこからか漏れているんじゃないか?
ということです。

で、リフトアップしてエンジンをかけた状態で
しばらく放置しておきました。

ですが、1時間以上かけっぱなしにしても、
エンジンからもれてくる形跡はありませんでした。

ラジエターやいろいろなクーリングパイプからも漏れはなし。
サーモスタット付近も正常。

ウオーターポンプも漏れていません。
エンジンの水温計は安定しています。

サブタンクも減ってはいません。
どうやらすごくゆっくり漏れているのかと。

一応念を入れて、峠を全開に試乗しましたが、トラヴィックの水温は安定して、
タンクの水も問題なし。

時間が迫ってきたので、その旨お客さんに説明して返却しました。

その1ヵ月後、またも水温計が触れるということで再入庫。

クーラントが明らかに減っています。
工場の威信にかけて、トラヴィックの原因追求にあてました。
今回はきっちり直すとのことで、時間をもらえました。

で、朝も昼も夜もひたすらエンジンをかけつづけて、
原因が特定。

c-log590-03
室内のカーペットをめくるとこの通り。

どうやら室内でクーラントがもれているということが判明。
原因はヒーターコアしかない。

c-log590-04
てなわけで、ヒーターコアをめがけて

現在分解中なのです。

と、エンジンの水漏れといっても
なにもエンジンからもれてくるのが全てじゃなく、室内も疑ってかからないと駄目なんだという
いい事例になったんですよ。

以上スバルトラヴィックのクーラント漏れでした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    トラヴィックてタイ製でありながら、同年代のオデッセイより
    高速の安定性が抜群に良いので好きでしたが、
    AWD車が出なかったのは残念なのか?良かったのか?