MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

トラブル予防の整備

time 2015/05/22

トラブル予防の整備

本日はトラブル予防の整備というものについて。
車の故障というのは2種類あると思うんですよ。一つ目は完全に走行が出来なくなったり、致命的なダメージが出て走行が不能になるというもの。
もうひとつは、走行は出来るが不具合が出て危険だということ。
今日取り上げているのは、前者のほうです。
パタッととまるトラブルや、強力な不具合の予防整備という点で考えたいと思います。
まず、パタッと止まってしまうトラブルについては、いろいろと情報が出てきていますね。
とまるということは、エンジンがかからなくなってしまうということ。それに関する修理を行えばいい。
燃料ポンプが壊れたらエンジンはかかりません。タイミングベルトが切れたら当然エンジンはかかりません。
こういうものは、ある程度の予防整備を心がけないといけないということですね。
なのでメーカーではタイミングベルトは10万キロで交換しろとかそういった整備スケジュールとして整備手帳に記載してあります。まぁ燃料ポンプについては交換は書いてないけれど、ある程度走ったら交換したほうがいいと思います。10万から15万キロくらいで換えておけば安心。

sb-log332-01

パタッととまるトラブルのほかに、走行が出来なくなってしまうトラブル。
それはオルタネーターベルトの切れだとか、そういったものですね。
僕も車のエンジンルームを覗いていると、これは交換しないといけないなと思うパーツが何種類かあるのがわかります。
ひとつはクランクプーリー。トーショナルダンパーの破損により、走行不可能になってしまう。
なので、トーショナルダンパーが切れる前に交換したほうがいい。これもタイミングベルトと一緒に交換するのがベターかと。
あとブレーキのマスターシリンダーがすこーしだけにじみ始めているかなと。
これは本来なら距離や年月で交換する部品ですが、なかなか着手しない。これもマスターバックの塗装にダメージが及ぶ前には交換したほうがいい。最悪マスターバックに穴が開いたら危険です。
エンジンルームを眺めていると、これは良くないなぁなんていう部品があれば、交換する癖をつけていく。こうすれば、旅先でのトラブルに歯止めがかかるというものであります。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ