MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー TT2 クラッチワイヤー交換

time 2016/10/28

サンバー TT2 クラッチワイヤー交換

サンバーです。
クラッチワイヤーを交換したのでレポートします

c-log1160-01
サンバー クラッチワイヤー交換

c-log1160-02
基本的には両方から攻めていったほうがいい。ミッション側と室内側。
まずはミッション側からスタート

c-log1160-03
アンダーカバーを外します

c-log1160-04
レリーズレバーからワイヤーを外す。蝶ネジを全部緩めれば外れます

c-log1160-05
続いてクラッチワイヤーをミッションに固定している楔をマイナスドライバーなどで外す

c-log1160-06
どんどん外します

c-log1160-07
各ワイヤー類は燃料タンクの脇をはしっています。
12mmのネジを外してクラッチワイヤーをフリーにする

c-log1160-08
続いて各ワイヤーを縛り付けているステーを外す。8mmのネジ。
このステーは3箇所あります

c-log1160-09
続いて室内を攻めます。クラッチペダルからワイヤーを外しにかかります

c-log1160-10
こちらもワイヤーを固定している楔を外す

c-log1160-11
続いてペダルからワイヤーを剥がす

c-log1160-12
続いてフロント側のアンダーカバーを外す。

c-log1160-13
クラッチワイヤーを下に引っこ抜く

もう少し

c-log1160-14
ここからが問題

c-log1160-15
一番の難関はラジエターの隅っこをワイヤーが通っていること。

c-log1160-16
抜くのは簡単。新しいワイヤーを通すのが難しい

c-log1160-17
この脇を通す。これが大変。通ってしまえば簡単。
リヤ側からクラッチペダルにつながるほうを通す。

あとは元に戻すだけ

c-log1160-18

c-log1160-19
全部取り付けたら、クラッチの遊びを調整すれば終わり

作業指数は2時間

ワイヤーの値段は4320円。

大体2万円以内の作業になります。自分でやればワイヤー代だけですみます

サンバーのクラッチワイヤー交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ