サンバー 走行中にバッテリーマーク点灯した原因は?

c-log1034-12

サンバーです。
充電警告灯が点灯してしまった
ということで入庫してきました

c-log1034-01
サンバーの顔を見てピーンと来た

c-log1034-02
バッテリー容量は60%

c-log1034-03
とりあえず充電をかけておく

そして、その原因は

c-log1034-04
この通り

c-log1034-05
ベルトが掛かっていませんね。

よーく見ると何か落っこちています

c-log1034-06
そうなんです。エアコンつきのサンバーのクランクプーリーのトーショナルダンパ
破損によるベルト外れ
つまりオルタネーターが回っていない状態だったから充電警告灯がついてしまったと

c-log1034-07
6年落ちですが当然クレームで交渉しました

こんなの間違いなくリコールだ

c-log1034-08
プーリー

c-log1034-09
ドーナッツのようだ

c-log1034-10
クレーム部品到着

c-log1034-11
これをつければ終了。

サンバーに乗っている人は気をつけてください。TT2なんですが、この犬っぽい顔のころのエアコン付です。
トラックもディアスもそう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)