MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー 走行中にバッテリーマーク点灯した原因は?

time 2016/06/09

サンバー 走行中にバッテリーマーク点灯した原因は?

c-log1034-12

サンバーです。
充電警告灯が点灯してしまった
ということで入庫してきました

c-log1034-01
サンバーの顔を見てピーンと来た

c-log1034-02
バッテリー容量は60%

c-log1034-03
とりあえず充電をかけておく

そして、その原因は

c-log1034-04
この通り

c-log1034-05
ベルトが掛かっていませんね。

よーく見ると何か落っこちています

c-log1034-06
そうなんです。エアコンつきのサンバーのクランクプーリーのトーショナルダンパ
破損によるベルト外れ
つまりオルタネーターが回っていない状態だったから充電警告灯がついてしまったと

c-log1034-07
6年落ちですが当然クレームで交渉しました

 

こんなの間違いなくリコールだ

c-log1034-08
プーリー

c-log1034-09
ドーナッツのようだ

c-log1034-10
クレーム部品到着

c-log1034-11
これをつければ終了。

サンバーに乗っている人は気をつけてください。TT2なんですが、この犬っぽい顔のころのエアコン付です。
トラックもディアスもそう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ