サンバー TT2 錆びてエンジンがかからなくなった 燃料タンク交換

スバル サンバー
型式 TT2

燃料タンクを交換しましたのでレポートします


サンバー 燃料タンク交換


まずは作業をしやすいように左のリヤタイヤを外しましょう


続いてカバーも外します。
バッテリーのマイナスも外しておいたほうが安全


車両の下からアンダーカバーを外します


燃料タンクをおろしやすくするために、ドレンボルトを外して古い燃料を抜き取ります
これで準備がOK


サンバーの燃料タンクは、12mmのボルト4本で車に固定されています。

あとはホースなどを外すのみ


まずはサイドブレーキワイヤーなどを抑えているステーを外します。8mmのボルトでステーは固定されています。

3箇所あります。燃料タンクに溝があって、そこをサイドブレーキやクラッチ、アクセルワイヤーなどが通っているのです。
ステーを外してワイヤーをフリーにしておかないと、タンクを下ろす時ににワイヤーが引っかかってしまう


続いて車両後方から。燃料フィルターにつながるホースを切り離す


燃料が出てくるので注意


続いて燃料パイプにつながっている2本のホースを切り離します


燃料の給油口につながっている一番太いホースを切り離す。これは車両前方


やっぱり燃料が出てきます


車両前方の上部にある燃料の給油口のエア抜きホースを切り離す。


燃料タンク上部のゲージユニットのカプラーを外しておく
これで燃料タンクはフリーになっています。


最初に外すのは、車両前方の12mmの固定ボルト。このボルトを外しても燃料タンクは落ないので大丈夫


続いて車両後ろの固定ネジ2本を外す。12mm。

これで燃料タンクの後ろ側が降りてきます。
タンクの前方は車両のステーに乗っているので、後ろ側へスライドしながら燃料タンクをおろします。

空になっていればなんとか持てるけど、二人で持ってください。


降りた燃料タンク


燃料タンクが外れた状態です


そんなに複雑ではありません

簡単です


燃料タンクを交換した理由は、ずっと放置されていて中が錆びて燃料ラインがつまってしまっているから


代わりの中古のタンクを載せます。ちなみに、中古のタンクを載せるときは、必ず中を確認してください。
サビているタンクを載せたらまったく意味がありませんから


載せるときは、前方を持ち上げて、車両に載せてから後ろのネジを仮止めする


ネジは仮止めして、きちんと4本がスムーズに入ったら締めていきます。


ちなみに交換したタンクの中身。ゲージユニットが錆びているのがわかります


中は錆だらけ。これは詰まるわけだ。

サンバーの燃料タンク交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)