MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タービンブローの原因はオイル管理

time 2015/06/02

タービンブローの原因はオイル管理

ターボチャージャーです。

c-log596-01
先日ターボ交換を含む車検を行いました。
12万キロ走破している車で
ものすごくいろんなところが痛んでいて、なんと総額35万円もかかりました。

軽のスズキエブリです。

そうです。MHOが生まれてはじめてタービンを交換したあの車です。

またもタービンブロー。

なんと今回で3回目のタービン交換です。
技術屋で荷物を満載にして、高速で全開っていう使い方をしています。
軽自動車で耐えうる負荷以上の負荷を与えている結果ですね。

c-log596-02
もう新品を装着しました

c-log596-03
ブローしたタービン

ターボが何故ブローしやすいか?

その理由はコレ

c-log596-04
ターボのオイル供給ユニオンボルト

右の大きい穴のネジがエンジンのシリンダーブロックについて
左のほっそーい穴がタービンに入ってくるオイル穴。

つまりこの小さな孔が詰まってしまうと、オイルが供給されなくなり
直ぐにタービンはブローしてしまうということ。

今はフルフロータービンなので、オイルが供給されないと
直ぐに焼きついて完。

こんなに小さな孔なんですよ。

ターボ車って言うのは本当にオイルをマメに換えたほうがいい。
少しのスラッジでもたまっちゃえば直ぐにターボは壊れてしまいますからね。

c-log596-05
以上ターボチャージャーとオイル交換についてでした。

ちなみに

初めてこのエブリのターボを換えたときは経験も浅く、タービン交換も初めてだったんですが、今回はものすごく余裕に感じられました。
全然難しくなかったね。これが経験の差ってやつですね。

タービン保護にはとにかくこまめなエンジンオイル交換!

いつかは試してみたいモービル1

sponsored link

コメント

  • 代車 マツダ AZワゴン MD22S 約14万キロでタービンブロー
    取り付けの状態から初ブローだと思ったので、自分が使う前からオイル管理は良かったんじゃないかと思ってます。10万キロに満たない距離でメーカ問わず壊れることがけっこうあるので。
    リビルト品で交換。セット交換を勧められるパイプやボルト、ワッシャー類が同梱してきましたが、元の純正と見比べると作りがちょっとって感じだったので使用せず。原因は経年劣化であってオイルトラブルではないと判断し、掃除して組み付け。新品使ったのはワッシャーのみでした。
    現在15万キロオーバーなのでクランクリアシールあたりから滲みは出てます。
    軽度のオイルリークにどれだけ意味があるのかを検証するため、自分なりに吟味した漏れ止め剤使用中。使ってるオイルは、ワーゲン・アウディメインに使ってるmobile1の5W-40です。

    by 修理屋35歳 €2015年6月2日 13:47

    • うちの会社のMC22Sは17万キロ超えてもまだまだタービンは問題ありません。
      オイル管理をきちんとやっていても、やっぱりタービンには個体差がでてくることがありますね。

      by MHO €2015年6月2日 21:03

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ