MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ツイン ハイブリッド セルモーターの異音

time 2015/09/01

ツイン ハイブリッド セルモーターの異音

最近は、ガソリン高騰などにより燃費のいい車が注目されてきました。
で、スズキのツイン
もう生産終了いたしましたが、2人乗りのかわいい車です。

スズキのツインですが、

c-log755-01

ハイブリッド仕様があるって知っていましたか?

タダでさえ、2人乗りの軽い車なのに
さらにハイブリッド仕様車があったのであります。

使用されているハイブリッドバッテリーは
シール方鉛電池。

いわゆるトヨタの昔のハイブリッド車と同じ。
プリウスとかはニッケル水素バッテリー。

昔のマイクロバスのコースターのハイブリッドに使われていたバッテリーと同じ
バッテリーの種類を搭載しています。

ハイブリッドカーって、セルモーターがなくても大丈夫ということ知っていましたか?
プリウスなどトヨタのハイブリッドカーにはセルモーターが付いていません。

ハイブリッドモーターにより、エンジンをクランキングさせることが可能なのです。
ハイブリッドバッテリーからの電力で、ハイブリッドモーターを回して
エンジンを回す。そして火を入れる。

すなわちセルモーターは不要なのです。

でも、数多く出回っているハイブリッド車にもセルモーターが付いているものもあります。

c-log755-02
セルモーター

それは、エンジン始動中にハイブリッドのシステムダウンが起こってしまうと、
一度エンジンを切ってしまうと、エンジンを再始動できなくなってしまうため。

ハイブリッドシステムが壊れたら、クランキングができないわけですね。
そういった事態をさけるために、本だのインサイトやシビックなどにはセルモーターが付いています。

インサイトやシビックは、基本的にハイブリッドシステムダウン時に
ガソリンエンジンで車を走行させるためにセルモーターをつけています。
セルがないとエンジンがかけられなくなっちゃうからね。

で、前置きが長くなりましたが、スズキのツイン。

こいつのハイブリッドにもセルモーターがついています。
やはりハイブリッドシステムが壊れてしまったらエンジン再始動ができなくなっちゃうのは
困るからでしょうね。

セルモーターって、使わないと酸化などで固着したりしてしまいます。
つまりあまり使わないとセルモーターも壊れやすくなっちゃうわけですね。

なので、スズキのツインという車は

たまにセルモーターを使用してエンジンをかける

というびみょーに気が利いたことをしてくれるのです。
この条件は規定の距離を走ったら、その後のクランキングはセルモーターになる。

これが何を意味するか?

ハイブリッド車のクランキングの音を聞いたことがある人はぴんと来るはず。

セルモーターのピニオンギヤとフライホイールなどのかみ合いによる
きゅるきゅるきゅるといった音とはちょっと違うのが
ハイブリッドのクランキング。

ソレもそのはずハイブリッドモーターによるエンジンクランキングなので
セルモーターとの音とは違うというわけ。イメージ的にはモーターのようなエンジンの
ロータリーエンジンのセルモーターによるクランキング音みたいな感じです。

なのでツインに乗っている人はびっくりするんですよ。

何回かに1回だけたまーにセルモーターが駆動するわけで

「うわっいつもとエンジンのかかり方がちがうっ!!」

と驚いちゃうわけですね。そりゃそうですよ。
毎日かけているクランキングの音に変化が現れたら誰だって故障だと思うはず。

でもそれはセルモーターを保護するための正常な動き

なんですよ

と、オーナーさんを納得させるのにちょっとひと手間必要なシステムを搭載しているのでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ