ウエストゲートバルブとは?ターボについている何をする部品?

ウエストゲートバルブとは過給圧が一定以上超えないように過給圧を逃がすバルブです。
下の画像の左のバルブがウエストゲートバルブです。

img_5002

タービンは排ガスでタービンホイールをまわして、その同軸上で回っているコンプレッサーホイールによってより多くの空気をシリンダーへ送る装置ですが、過給圧が一定以上になるとノッキングなどが発生してエンジンを壊しかねないので、過給圧が一定以上になったらウエストゲートバルブから圧を逃がします。

作動は過給圧が規定値以上になるとアクチュエーターのダイヤフラムが過給圧によって押されてウエストゲートバルブが開くといった作動になります。

チューニングで言うウエストゲート式のターボとはちょっと違いますね。
これはアクチュエーター式のターボです。チューニング用語でいうところの。
アクチュエーター式のターボでもウエストゲートは存在するんですね。
ややこしいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)