バキュームセンサとは? エンジンの吸入空気量を計測するセンサ

バキュームセンサです。
バキュームセンサはエンジンの吸入空気量を圧力によって測定しているものです。
バキュームセンサは絶対圧を検出しています。

IMG_1619

バキュームセンサは結晶に応力を加えると、電気抵抗が変化する圧力センサで、吸気管圧力を電気信号としてECUに送っています。

車によっては吸気温度センサと一体になってるものもあります。圧力センサと読んでいる車種もあります。

役割はエアフロと似たようなものです。エンジンの吸入空気量を方法は違えど計測しているのでセンサが壊れるとエンジンが不調になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする