バモス ドアを開けるとカッチン音がする修理

バモスですが、ドアを開けると

「カッチン」

という音がするとのご相談。型式はHM2です。

症状を確認すると、ドアを開閉するとカッチンという音が出たのがわかりました。

音の原因が、ドアのヒンジ真ん中にあるドアストッパー。

このドアストッパーという部品は、ドアが一定以上開かないようにストップをかけている部品です。

ここのピンが刺さっている部分にガタつきがありました。

ワコーズのブレーキプロテクターを塗布してみました。

硬いグリスなので、ある程度は音を抑えられるかまずはチャレンジ。

ダメですね。これは部品を交換するしかない。

部品は1750円程度でした。そんなに高い部品でもありません。品番が上のもの。運転席ドアです。

運転席ドアは他のドアに比べて開閉回数が多いので、消耗しやすい。

ドアストッパーを交換するにはドアの内張りを外して、ドアの内側から取り付ける必要があります。おそらく整備工場に依頼すると部品代と工賃合わせて5000円〜6000円程度かかってくると思います。

もしドアを開閉時に

カッチン

という音がしてきたら交換してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)