バモス HM2 ドライブシャフトブーツ交換

バモス HM2です。
ドライブシャフトブーツが破れていたので交換しました

c-log1259-01
バモス フロントドライブシャフトブーツ交換

c-log1259-02
タイヤを外して準備完了

c-log1259-03
まずはブーツバンドをニッパーで切る。ちょっと固い

c-log1259-04
内側も

c-log1259-05
バンドを切ったら今度はブーツをぶった切ります。キッチンバサミくらいのもので切れます

c-log1259-06
シャフトについているグリスを綺麗にふき取る

c-log1259-07
今回用意したドライブシャフトブーツ。パロートのネオブーツ

c-log1259-08
内容はこのようになっています

c-log1259-09
ウレタン製なので頑丈

c-log1259-10
とりあえずシャフトにはめる

c-log1259-11
接合部の溝に付属の接着剤を流し込む

c-log1259-12
接着剤をくっつけたらブーツをつなげる

c-log1259-13
接着部を発熱シートをで温めて溶着する。発熱シートは袋から出したらすぐに熱くなるので手早くおこなう。

この状態で8分以上放置してください。長いほうがいいと思います

c-log1259-14
発熱シートを8分以上放置したら、ドライブシャフトのジョイント部に付属のグリスを詰めていく

もう少し

c-log1259-15
続いてグロメットをドライブシャフトブーツの内側に入れる

c-log1259-16
きちんといれます

c-log1259-17
これでドライブシャフトにブーツを被せる
グロメットがずれないように注意

c-log1259-18
細い部分もグロメットを入れます

c-log1259-19
シャフトにくぼんだ部分があるので、そこにグロメットを固定してブーツを被せる

c-log1259-20
これでブーツバンドをつける

c-log1259-21
ツメを引っ掛けて

c-log1259-22
固定

c-log1259-23
細い部分も同様にバンドをつけたら完成。殆どの車が全くおなじやり方です。

DIYで全然できるレベルなので試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)