バモス アクセルペダル固い アクセルワイヤー交換 HM2

ホンダ バモスです。
型式はHM2

NAのマニュアルで、エンジンは横置きです。
この手のバモスにはちょっとした症状があるのです。それはアクセルペダルが固いということ。

アクセルワイヤーの取り回しが原因ということなんですが、繊細な発進ができかねないので
アクセルワイヤーを交換してみることにしました

c-log1253-01
バモス アクセルワイヤー交換

c-log1253-02
とりあえずエンジンフードを開ける

c-log1253-03
アクセルワイヤーをスロットル側から外していきます

c-log1253-04
まずはスロットルのカバーを外す

c-log1253-05
するとこのようにスロットルにアクセルワイヤーが取り付けられています。
赤丸の12mmのナットを緩めていく

c-log1253-06
ワイヤーをステーから外します

c-log1253-07
切れ目からワイヤーを外す。これで準備はOK。
アクセルペダル側へさかのぼっていきます

c-log1253-08
作業をしやすいように、下回りの鉄のアンダーカバーを外す

c-log1253-09
アクセルワイヤーは何箇所かでボディにとめられています。それらを外す。
外したら新品のワイヤーを一つずつつけていくと迷うことはありません

c-log1253-10
少し外したら

c-log1253-11
外したところから新品をつけていく

c-log1253-12
一気に外すと取り回しがわからなくなりますからね

c-log1253-13
プロペラシャフトの上にも通っている

簡単です

c-log1253-14
フロントデフの上

c-log1253-15
フロントメンバーのカバーを外して、メンバーの隙間から、ボンネットの中へ引き込んでいく

c-log1253-16
室内で、ペダルから古いワイヤーを外す

c-log1253-17
これでフロントバンパー側から古いワイヤーを完全に外す

c-log1253-18
クーラントのサブタンクの下から室内へ引き込んでいます。
黒いブラケットの部分を回してロックを解除して引っ張り出します

c-log1253-19
これで古いワイヤーを外して新しいワイヤーをペダル側とスロットル側でつなげるだけ

c-log1253-20
新品をつける。回してロック。クーラントのサブタンクは外したほうがやりやすい

c-log1253-21
アクセルペダルに連結

c-log1253-22
そしてスロットルバルブに連結。

これでカバーなどをつければバモスのアクセルワイヤーの交換は終わり

交換後は、ペダルの重さは相変わらずですが、途中のひっかかりはなくなり運転はしやすくなりました。

ちなみに値段が3150円くらいで、工賃は8000円ちかくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする