MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

バモス スパークプラグ交換

time 2016/01/03

バモス スパークプラグ交換

ホンダ バモスのプラグ交換をしました

c-log892-01
ホンダバモス HM2
平成13年式のマニュアルのNA。タイプMというグレードです。

走行が10万キロを超えていたため、プラグを交換することに。
搭載されているプラグはイリジウムプラグながら、10万キロなので交換時期でした。

まずはエンジンカバーをあけます。
バモスはMRレイアウトなので、後ろの座席を収納して、カーペットをめくると
エンジンのカバーが現れます。14mmのネジを4本外すとエンジンが見えるようになります

c-log892-02

c-log892-03
エンジン。MTのNAは横置きのレイアウト。ターボのATは縦置きのレイアウトになります

c-log892-04
3気筒エンジンなので、プラグは3本使用します。
まずはダイレクトイグニッションの配線をカプラーで外して、10mmのネジを3本とも外す

c-log892-05
コイルのカプラーを外す

c-log892-06
コイルの押さえの10mmをそれぞれ外す。これでダイレクトイグニッションコイルが抜ける

c-log892-07
外したコイル。茶色いのはオイルがプラグホールに入ってきているから。
プラグホールパッキンを交換する必要がある。

c-log892-08
プラグレンチを使ってプラグを外す

c-log892-09
外したプラグ。10万キロお疲れ様

c-log892-10
バモスのプラグ交換は難しくなくとても簡単な部類に入るので、
予算の都合上イリジウムプラグではなく、同じEN07エンジンに使われているBKR6E-11をつけることにした。

アクティなどの軽トラックは同じエンジンを積んでいて、このタイプのプラグを使っている。
熱価はイリジウムプラグも同じなので問題なし

値段は半額以下だ。しかし2万キロで交換しないといけない。

c-log892-11
同様に他の気筒も交換する

c-log892-12
2番のプラグには相当なオイルが回っている。早急にプラグホールパッキンを交換しないと
失火するしコイルが駄目になってしまう原因になる。

そういえばヘッドカバーからオイルも漏れていた。

c-log892-13
全てのプラグを交換して、元に戻してバモスのプラグ交換は完了

c-log892-14
次回は12万キロ時点でプラグを交換する。しかし普通のプラグのほうが頻繁にコイルを外して点検するのでそのほうがいいこともある。

ただ、予算があるのならイリジウムタフをお勧めします。

VK20というものが適合します。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ