バモス 工具マーク 警告灯点灯リセット方法

ホンダ バモスです。
突然工具のようなマークが点灯したという

c-log1196-01

バモス 工具マーク?

c-log1196-02
問題のマークはコレ。スパナのようなマークです

c-log1196-03
工具マークが点灯して、消えなくなっちゃったそう。

調べてみたら、これはオイル交換の時期を知らせているマークらしいです。

約10秒間点灯した後に消灯した場合は、表示灯をリセットしてから4500km走行したことを知らせています。

点灯しっぱなしになっている場合は5000km以上走行したことを知らせています。

逆を言うと、オイル交換をしたら常にリセットをかけないといけないということになります。

工具マークのリセット方法は

c-log1196-04

トリップメーターの切り替えのノブがありますよね?

このノブを押したままの状態で、鍵をオフからオンへ回します。
このままの状態で5秒間くらいノブを押しっぱなしにしていると、前回からのオイル交換の距離が点滅で表示されます。

さらにその状態でノブを押しなおして保持します。

これでリセットされます。

オイル交換をしたら常にこの動作をしてあげないと、交換したばかりでも警告灯が点いちゃうんでしょうね。

親切なんだか何だか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    私も車を替えまして、JF1のターボは点くんですよね。
    ただ私の交換サイクルでは絶対に点かないので、自分で交換直後にリセットするしかないんです。
    私は距離+エンジンの稼働時間を考えて3,500~4,000kmで交換します。
    これだと4~5ヶ月もちます。