ヴィッツ NSP135 ドライブシャフトブーツインナー交換

ヴィッツ

型式 NSP135

ドライブシャフトの内側のブーツが破けていたので交換しました


ヴィッツ NSP135 ドライブシャフトブーツインナー交換


まずは現状。ご覧のとおりグリスが飛び散っています。どうも何かにひっかかったような
形跡がありました


シャフトを抜くといろいろと不都合があるので、ジョイントは車体に残した状態で作業することに。

まずはブーツバンドを切って、ブーツも切って外す


通常は、ドライブシャフトがジョイントより抜けないようにOリングが入っているけれど
どうもこの車のドライブシャフトには入っていないみたい。

とりあえず下準備はOK


ロアアームとナックルの結合を外す。19mm


タイロッドエンド、キャリパーをナックルから外す。ブレーキローターも。

これでナックルに接続されているのはストラットだけ


ストラットとナックルを切り離して、ドライブシャフトのジョイントを車体に残した状態で
取り外す


外した状態

もう少しです


ここからドライブシャフトを分解します


Cリングを外して、ジョイントの中身をシャフトから外す


シャフトだけになったらブーツをシャフトにはめます


先に小さいブーツバンドを入れてからブーツを入れる


大きいブーツバンドも入れたらジョイントの中身を入れてCリングを入れて固定


ブーツの中に付属のグリスを入れる


ジョイントのケース側にもグリスを入れる


付属のグロメットをはめる


あとは合体


足廻りを組み付けたらブーツバンドを締めればOK

ヴィッツ NSP135のドライブシャフトブーツインナー交換でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)