MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

VWポロ スパークプラグ交換のポイントはオイルフィラーの取り外し也

time 2016/08/25

VWポロ スパークプラグ交換のポイントはオイルフィラーの取り外し也

c-log1099-01
ポロです。プラグを交換したのでレポートします

c-log1099-02
まずはエアクリーナーBOXを外す。赤丸のところにホースがつながっているのでそれも外す

c-log1099-03
するとこんな状態。続いてこれだと1番と2番のコイルが外せないので、
オイルフィラーキャップを外します。普通に反時計回し

c-log1099-04
オイルフィラーキャップとその下のゴムを外したら、こんどはオイルの注入口があります。
これもエンジンのヘッドカバーに固定されている。取り外さないとコイルが抜けません。

取り外し方はオイルフィラーキャップと同じですが
c-log1099-05
エンジンのヘッドカバーに切りかけがあって、その部分にはまって廻り止めになっています。

この部分をマイナスドライバーでちょっと浮かした状態で、注入口も反時計回りに回す

c-log1099-06
外れた状態。これで全てのプラグ交換が可能になります

c-log1099-07
イグニッションコイルはただはまっているだけ。
慎重に上に引っ張り出します。固い部分をマイナスドライバーみたいなものでちょっと
持ち上げて来ると抜けてきます。

4番を抜くには配線をフリーにしておかないと抜くだけのクリアランスが保てないので注意

c-log1099-08
あとは通常のプラグ交換と同じです

c-log1099-09
VWではポロのプラグを6万キロごとに交換することを推奨しています。
定価で一本1800円の白金タイプを使っています

ポロのプラグ交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ