MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

水温警告灯(高温)

time 2015/09/10

水温警告灯(高温)

w-lamp-10-01

この温度計のような警告灯は何かというと、水温警告灯です。

水温の警告灯は2種類ありますが、こちらは高温になっていることを知らせている警告灯になっています。

この高温の水温警告灯が点灯したということは、エンジンの冷却水が制御されている
温度以上の高温になっているということになります。

現在の車には水温計というものがほとんどの車でついていません。
なので、いきなりこの警告灯が点灯するとビックリしてしまうかもしれません。

この警告灯が点灯したということは、エンジンがオーバーヒートしたということになります。
今のオールアルミエンジンは熱に弱いので、オーバーヒートは避けないといけません。

水温警告灯の高温の方が点灯するのはどのような原因があるかというと、

サーモスタットの不良

冷却ラインのエア混入

物理的にクーラントの量が少ない

電動ファンが動いていない

と、主だった原因はこのあたりになると思います。

いずれにしろこの警告灯が点灯したときは、エンジンにとってはかなりヤバイ状況になってきています。

w-lamp-10-02
ウォーターポンプを交換するにはタイミングベルトとセットになる場合も多い。
この車種はタイミングチェーンです。

~対策~

では水温警告灯が万が一点灯してしまったら、どうするべきかというと

まずはヒーターを全開にする。これによって、エンジンの冷却水が室内のヒーターコアまで
つながります。冷却通路が広がるために、少しですが水温を下げることができます。

次に、車を安全な場所に止めて、エンジンルームから煙などが出ていなかったら
ボンネットを開けてエンジンルームに空気を入れます

それでも水温警告灯が消えない場合は、一度エンジンを止めて冷えるまで待ちましょう。
エンジンが完全に冷えたら、クーラントの量を点検してください。サブタンクの中だけでいいです。
ラジエターキャップは、本当に冷えてからじゃないと吹き返しますので触らないように
しておいてください。

w-lamp-10-03
サーモスタットが閉じっぱなしになると、オーバーヒートを起こします。

クーラントが入ってたら、ウォーターポンプの不良やベルト切れ、そしてサーモスタットの不良等が考えられます。
整備工場へ連絡しましょう。

もし水温警告灯が点灯して、エンジンがノッキングなどを起こしていたら明らかに
冷却水が不足しているのですぐにエンジンを止めましょう。

この水温警告灯はかなり危険です

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ