MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

水温警告灯(低温)

time 2015/09/11

水温警告灯(低温)

w-lamp-11-01

この温度計のような警告灯は何かというと、水温警告灯です。

水温の警告灯は2種類ありますが、こちらは低温の警告灯になっています。

エンジンが暖機中であると、冷却水温が暖まらないので、この警告灯が点灯しています。
冷却水の温度が一定まで上がってきたら下がるような働きを通常しています。

エンジンを長くかけていても、この警告灯が点灯しっぱなしというのは、冷却系統に問題がある場合が多いです。
もしくは、走行中に急にこの警告灯が点灯した。という時も、冷却系統に問題を抱えていると考えられます。

そして、その原因についてですが、おそらくはサーモスタットの不良が一番に考えられるのではないかなと。

w-lamp-11-02
わかりにくいですが、開きっぱなしになっているサーモスタット

サーモスタットが開きっぱなしになっているために、冷却水の温度が温められることができない。

というのが一般的な理由になってくると思います。

あと考えられるのは、電動ファンが壊れて回りっぱなしになっているとか、その辺りではないでしょうか?

 

~対策~

ではこの水温警告灯の低温が点灯したらどうすればいいか?

まずはシステムの異常ではないかを確認したほうがいいかなと思います。
ヒーターを入れてみて、本当に効かないのであれば、システムには異常はなさそうです。

そう考えると機械的に何かが壊れている。つまりサーモスタットや電動ファンの異常が考えられます。

w-lamp-11-03
電動ファンの故障は大体が異音です。あとは回らないという故障の方が多い

オーバークールは意外に知られていないんですがエンジンには結構な悪影響を及ぼします。
なので、信号待ちではニュートラルでアクセルを煽って冷却水の温度を上げるなどをして見てください。

それで警告灯が消えて、また走行中に点灯するようでしたら、ほぼ原因はサーモスタットにあると言えます。

いずれにしろ、この状態では燃費も悪化しますし、冬場は大変なことになるのは簡単に想像がつくので早めに整備工場で見てもらいましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ