MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ABS警告灯

time 2015/09/14

ABS警告灯

w-lamp-14-01

この警告灯は、そのものが書いてあるのでわかりますね。

これはABS警告灯です

ABSっていうのは何かっておさらいをしておくと、アンチロックブレーキシステムの略で

フルブレーキング時にハンドルがロックしないように、ポンプを使ってブレーキの油圧を増減させているもの。
このABSのおかげで雪道など、ブレーキがロックしやすい路面でも、ハンドルロックを避けながら
安全に停止ができるシステムです。

このABS警告灯だということですので、システムに異常をきたしたときに点灯します。
ABS警告灯が点灯しているときは、ABSの機能が効かないおそれがあります。

 

ではABS警告灯が点灯しているというのは、どのような原因が挙げられるかというと

ABSの故障で多いのは、各タイヤの速度を点検している車輪速度センサーの異常。このセンサーが断線するというのが一番多い故障。

あと考えられるのはABSのコントロールユニットの不良

w-lamp-14-02
ハイドロリックユニット

あとはハイドロリックユニットといってABSの油圧を作り出しているユニットです。

大きく分けてこの3つに分けられると思います。

~対策~

対策としては、どのようなことをすればいいか?
これはもう診断機がないとちょっとわかりづらい故障に入ります。ですので、とりあえず整備工場へ持って行って、どこが悪いかを診断してもらいましょう。

センサーの故障なら修理代もさほどかかりませんが、コントロールユニットやハイドロリックユニットになるとかなり高額な修理になってくると思います。

ちなみにABSの警告灯が点灯していると車検には通りません

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ