MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

スマートキーシステム警告灯

time 2015/10/05

スマートキーシステム警告灯

w-lamp-35-01

この鍵にビックリマークが付いていて電波を発している警告灯はスマートキーシステム警告灯です。

正式名称はHondaスマートキーシステム警告灯といいます。

ホンダの電子キーの警告灯です。

 

イモビライザー警告灯に近いものがありますが、スマートキーというのは別名電子キーと呼ばれています。

ただ持ち歩いているだけで、鍵の開閉を自動で行ったり、イグニッションスイッチを動かすことができる。

スマートキーの中にはボタン電池が入っていて、電波を車に向かって発信しています。

その電波がある程度車の近くにあれば、キーがあるとみなして、鍵を開閉したり

エンジンをかけられる仕組みです。

このスマートキー警告灯が点灯したということは、これらの機能に不具合が起こっているということです。

~対策~

一番多いトラブルが、スマートキーの内蔵電池切れ。

これは、鍵がないと認識してしまうために、ドアロックを解除することもできなければエンジンをかけることすらできなくなってしまいます。

w-lamp-35-02
スマートキーの電池は1年に1回交換しましょう。

スマートキーの電池は1年に1回ずつ交換していれば、不要なトラブルをさけられます。

下手にスマートキーに内蔵されている鍵を出して、ドアロックを解除しようとすると盗難防止装置が働いてしまいます。

ドアロックは解除出来て、エンジンがかからない。といったときはスマートキーの電池を交換してみましょう。

本当に重症化してしまったものはディーラーに持ち込む意外手立てはありません。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ