電動パーキングブレーキ警告灯

w-lamp-38-01

パーキングの警告灯ににています。
これは電動パーキングブレーキ警告灯です。

写真はスバルのレガシィで使われている警告灯です。

まずは電動パーキングブレーキとは何かというところから。

最近のスバル車はサイドブレーキが電動化されています。従来のサイドブレーキは、サイドブレーキのレバーから機械的にワイヤーがリヤのブレーキにつながっていました。

そのワイヤーをレバーを介して引っ張ることで、リヤのブレーキを作動させてロックさせるというのが今までのサイドブレーキです。これをスバルでは電動化させました。

サイドブレーキを電動化するメリットは、やはりヒューマンエラーを防ぐということが第一に考えられます。
機械式のサイドブレーキだと、引きっぱなしで走って、車両火災になるという事故だって起こってきました。だけど電動化するとそれが防げるというわけです。

サイドブレーキを効かせているのに、車速信号が上がってくれば戻し忘れとECUが認識して解除なり警告を発するということが簡単にできるというわけです。

電動パーキングブレーキ警告灯が点灯したということは、このシステムに異常が出たということになります

~対策~

w-lamp-38-02
電動パーキングブレーキ警告灯が点灯したということは、そのシステムに異常が出たということ。

それが制御系統なのか、作動なのかに問題が分かれてきますが、いずれにしろサイドブレーキが作動しないと考えたほうがいいでしょう。

スバルの電動パーキングブレーキは、下廻りにアクチュエーターを備えています。
そこからケーブルのようなものがリヤの両輪につながっていました。

このアクチュエーターが壊れたのか、電気系統のトラブルかいろいろと考えられますが駐車するときは平らな場所に停車するようにしましょう。

そして早めにディーラーに持ち込んで修理してもらいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    実はこのシステムが大嫌いな為、契約寸前までいった車両の購入を見合わせたことがあります。

    • MHO より:

      そうなんですね!
      電動パーキングブレーキって、最初どうやって操作するんだ?って僕も焦りました・・