MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

油圧警告灯

time 2015/09/05

油圧警告灯
w-lamp-5-01



このヤカンのようなマークをした警告灯は何か?


これは油圧警告灯です。


警告灯の色は赤なので、この油圧警告灯が点灯するとちょっとまずい。
別名オイルランプやオイル警告灯とも呼ばれています。



エンジンの内部にあるエンジンオイルの油圧が下がってきた時に点灯します。




















では油圧警告灯が点灯したらどういう状態になっているのか?というと



w-lamp-5-02

エンジンの中のオイルがなくなっているということです。


油圧がなくなるということは、エンジンオイルがなくなっているということが一番に考えられます。オイルがなくなっている原因としては、オイル上がりやオイル下がりなどを起こしていて、エンジンオイルをエンジンが喰っている状態。

これはマフラーから白煙がでているのでわかりやすいです。

そして、次に考えられるのがエンジンがオイル漏れを起こしているということ。

大体がこの2つに分けられます。


例外として、油圧警告灯のスイッチの役割をしている、オイルプレッシャースイッチの故障なども考えられます。

w-lamp-5-03
オイルプレッシャースイッチ

油圧をモニタリングしているセンサーです。





~対策~


いずれにしろ、油圧警告灯が点灯したらとりあえずは安全な場所に停車してエンジンを止めましょう。


そしてボンネットを開けて、オイルレベルゲージでオイルの量を確認してください。
もしゲージにオイルが付いてこないようでしたら、速やかにオイル交換をするか、もしくはオイルを規定量まで補充しましょう。


ゲージにオイルがついてくるようでしたら、オイルプレッシャースイッチの不良が考えられます。
あとは本当にオイルが劣化して油圧がなくなってしまっているか。これは交換しないとダメ。




よく油圧警告灯が点灯したらその時はエンジンがかなりのダメージを受けている。といいますが、本当です。
一度オイルを喰うような癖がついたエンジンは、やっぱりオイル消費が早くなります。

そうなったら、オイル交換のスパンを短めに取るなどしてください。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ