MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

シートベルト警告灯

time 2015/09/07

シートベルト警告灯

w-lamp-7-01

人が座っているような図にシートベルトをしているような警告灯は何かというと

見たとおりです。シートベルト警告灯です。

シートベルトをしていない時に、ドライバーに注意を促す警告灯です。

w-lamp-7-02
シートベルトの交換は結構手間な車が多いです

 

シートベルト警告灯はとてもわかりやすい警告灯です。運転席のシートベルトをしていない時に
警告灯として点灯させています。

w-lamp-7-03
シートベルトのアンカー部分に配線がついています

仕組みは簡単です。スイッチになっているのはシートベルトのアンカー部分。
いわゆる受けです。ここがスイッチになっていて、シートベルトの先端をアンカーに差し込むと
スイッチがOFFになって消灯するといったシンプルなもの。

ちなみに、この警告灯の電球が切れていると、車検には通りません。

~対策~

対策は、警告灯が点灯したらシートベルトを装着するといった当たり前のもの。

ごくたまに、アンカー部分が壊れているときがあります。その時はアンカーを交換するとなおります。

ちなみに、アンカーだけで部品設定していない車が多く、ASSYでの注文になることが多い。

なので解体屋さんでは、シートベルトのアンカーの需要が結構あったりするのです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ