シートベルト警告灯

w-lamp-7-01

人が座っているような図にシートベルトをしているような警告灯は何かというと

見たとおりです。シートベルト警告灯です。

シートベルトをしていない時に、ドライバーに注意を促す警告灯です。

w-lamp-7-02
シートベルトの交換は結構手間な車が多いです

シートベルト警告灯はとてもわかりやすい警告灯です。運転席のシートベルトをしていない時に
警告灯として点灯させています。

w-lamp-7-03
シートベルトのアンカー部分に配線がついています

仕組みは簡単です。スイッチになっているのはシートベルトのアンカー部分。
いわゆる受けです。ここがスイッチになっていて、シートベルトの先端をアンカーに差し込むと
スイッチがOFFになって消灯するといったシンプルなもの。

ちなみに、この警告灯の電球が切れていると、車検には通りません。

~対策~

対策は、警告灯が点灯したらシートベルトを装着するといった当たり前のもの。

ごくたまに、アンカー部分が壊れているときがあります。その時はアンカーを交換するとなおります。

ちなみに、アンカーだけで部品設定していない車が多く、ASSYでの注文になることが多い。

なので解体屋さんでは、シートベルトのアンカーの需要が結構あったりするのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)