MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

電動パワーステアリングシステム警告灯

time 2015/11/10

電動パワーステアリングシステム警告灯

w-lamp-70-01

これは見た目でわかりそうですね。ハンドルのマークです。
これは電動パワーステアリングシステム警告灯です。

これはVWで使われている警告灯です。

 

この警告灯がついている車は電動でステアリング操作をアシストしている車になります。

パワーステアリングには2種類があり、油圧でアシストする油圧パワステと
電動でアシストする電動パワステがあります。

油圧パワステは、エンジンからベルトを介してパワステポンプを働かせて油圧を発生し、ラックアンドピニオンにパワステオイルを送り込み、ステアリング操作を軽減させています。

変わって電動パワステは、ステアリング機構にモーターを備えて、モーターのチカラでステアリング操作をアシストしているわけです。

w-lamp-70-02

この電動パワーステアリングシステム警告灯は、電動パワステ機構に異常が出た時に点灯します。

黄色の点灯はアシスト力が弱くなっている状態で、赤色の点灯は完全に電動パワステが機能していない状態に陥っているということです。

~対策~

では、この電動パワーステアリングシステム警告灯が点灯したらどうするか?
これはとりあえずすぐに整備工場に持ち込みましょう。

ハンドルがくそったれ重たくなりますが、走行できないわけではありません。
パワステが効かなくてきついのは、車が止まっている時が大きくなります。
多少なりとも車が動いていれば、重さも軽減されます。

w-lamp-70-03
電動パワステは車の速度に感応しています。速度が速い時はハンドル操作をある程度重めに、速度が遅い時はハンドルを軽くするような制御をしています。

そのため、もしかしたらスピードメーターが動いていないなんて場合は、電動パワステが効かなくなったりもします。これは国産車の場合ですけどね。

とにかくパワステが効かなくなった車を走らせるのはかなりパワーが必要になりますのですぐに工場へ持っていきましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ