MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ワゴンR MH21S ウォーターポンプ水漏れ交換

time 2016/10/15

ワゴンR MH21S ウォーターポンプ水漏れ交換

ワゴンR MH21S
ウォーターポンプからクーラントがもれているのが発覚して交換することに。
ちなみにこの車はターボを搭載している。

作業指数は

NA 2,9時間
ターボ 4,7時間

となっております。4,7時間も果たしてかかるのだろうか?レッツエンジニアリング

c-log1151-01
ワゴンR MH21S ターボエンジン
ウォーターポンプ交換。

とりあえずフロントバンパーを外さないと手がでない

c-log1151-02
グリルから外す。

続いてバンパー

c-log1151-03
これで準備完了。

オルタネーターベルトとエアコンベルトを外します。
バンパーが外れていると真に作業がやりやすい

c-log1151-04
ちなみにウォーターポンプはこのエアコンなどの奥にあります。
ターボも邪魔している

c-log1151-05
とりあえずエアコンのコンプレッサーの12mmを3本外して車体側からエアコンの配管をつなげた状態で
邪魔にならないところへ

c-log1151-06
ウォーターポンプが見えてきた。

とりあえずガンガン外す。エアコンコンプレッサーを止めていたブラケット

c-log1151-07
当然クーラントも抜いておきましょうね

c-log1151-08
下のホースも外す

c-log1151-09
ウォーターポンプはこのようにエンジンブロックに12mmのボルト4本で止まっています。
上の2本を外すにはターボを外さないと駄目だということらしい。これで作業時間が4,7時間となっております

c-log1151-10
このターボのインレットパイプを外せばいけそう。
ネジは2本。10mm。

が、しかしこのネジを抜くだけの隙間がない。
うーむ困った。
c-log1151-11
上から見た図です。ターボのインレットパイプは手前側がウォーターポンプが邪魔をして
抜けません。なので、奥の一本だけを抜いて、手前を出来るだけ緩めて

パイプを手前へ少し動かす。

これで隙間ができるからウォーターポンプのネジを外します

c-log1151-12
抜けて来るウォーターポンプ

c-log1151-13
ここまでの作業で1時間もかかってません

c-log1151-14
ターボのインレットパイプもこれで外せるので、ガスケットだけは新品へ

c-log1151-15
新品のウォーターポンプへ古いポンプから配線のクリップを移植

 

 

もう少し

c-log1151-16
ウォーターポンプのガスケット

c-log1151-17
新品を取りつけます。

順番を守らないといけない。ウォーターポンプをつける前に、ターボのパイプの手前側のネジを軽く
つけておくこと。ポンプをつけたらネジを挿入できなくなります

c-log1151-18
装着。

元に戻していく

c-log1151-19
合体

c-log1151-20
ベルトも新品へ

c-log1151-21
バンパーをつけてクーラントを入れる。
エア抜きをしっかりして漏れがないことを確認して終わり。

ワゴンRのウォーターポンプ交換でした。

ディーラーに出すと工賃が軽く3万円は取られます。

 

ちなみにこの年代のスズキ車は従来通りのエア抜きではダメです。

きちんとしたエア抜きの道具でエア抜きをしましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ