MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ワゴンR タイミングチェーンカバーからのオイル漏れ修理

time 2015/11/27

ワゴンR タイミングチェーンカバーからのオイル漏れ修理

スズキのK6Aエンジンのオイル漏れ修理について
本日はお送りしたいと思います。

c-log853-01
K6Aエンジン搭載のワゴンR

昔はタイミングベルトを使っていたF6Aエンジンをスズキの軽自動車全般に載せていました。
しかしながら、F6AからK6Aエンジンへと進化を遂げた。

そのK6Aエンジンですが、経年劣化でオイル漏れをよく発生するようになりました。
漏れているのはフロントカバーと呼ばれている部分です。

K6Aエンジンはタイミングベルトは使っていないので、タイミングチェーンを搭載しています。
そのチェーンを覆っているカバーの液体シーリングから漏れてくる。
これを修理するには、フロントカバーをはがしてもう一度シーリングを施さないといけません。

この作業がなかなか大変。

フロントカバーをはがすためには、ヘッドカバーを外して、オイルパンをはがして、クランクプーリーを外す。
エンジンマウントを外して、ウォーターポンプも外さないといけない。
そうしてようやくはずすことが出来ます。手間もかかる仕事なので、工賃は4万円近いものを請求されます。

c-log853-02
まずはヘッドカバーをはがす。

c-log853-03
フロントバンパーを外さないと作業が大変。マフラーもフロントパイプ側ではずさないといけない。
でないとオイルパンがはがせない。

c-log853-04
はがしたヘッドカバー

c-log853-05
オイルパンもはがした図

K6Aのフロントカバーのシーリングをやりなおす作業で一番のポイントになるのは一本のネジ。
12mmでとまっている、フロントカバーの真ん中辺に位置するボルトなんですが、
このボルトにはネジロックが塗ってあります。

ネジロックを塗ってあることを知らずに緩めてしまうとかなりの確立でボルトが折れてしまう。
このボルトが折れたら下手したら、エンジンをおろさないといけない状態になってしまう。抜くのも相当大変。
かなり慎重に緩めたり締めたりを繰り返して外してください。

c-log853-06
ウォーターポンプも外さないとフロントカバーのネジが外せない。ウォーターポンプはこのさい交換してしまうのがいいかもしれない。

c-log853-07
これでようやく外れるフロントカバー。問題のネジロックが塗ってあるネジはカムスプロケットの間に挟まれている白い部分。
まずはこのネジを慎重にはずさないといけない。

c-log853-08
クランクのオイルシールも交換してしまいましょう。

c-log853-09
さすがにDIYでこのK6Aのフロントカバーのシーリングを施す人はあまりいないと思いますが、
やはりポイントは12mmのボルトになります。とにかくこれが大変。

K6Aフロントカバーからのオイル漏れ、発覚したら5万円コースの修理となってきますのでご注意ください。
やはりマメなオイル交換がオイル漏れを防ぐ唯一の手立てかもしれません。

c-log853-10
ここからひたすら外してシーリングをしなおすのであります。

ここで使ったのはワコーズのガスケットメイクです。

ということでK6Aのエンジンオイル漏れについてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ