安い社外部品

自動車に使われている部品にはいわゆる新車時に装着されている純正部品と、
それをもとに同じ形状につくられた社外品が存在します。
修理をしているとどうしても部品を交換しないといけない時がでてきます。
純正と社外では何が違ってくるのか?
前にもお伝えしたとおり、純正と社外を上手く利用していくのがベターであると思います。
重要なタイミングベルト関連やクラッチ関係は純正を。エアクリーナーやファンベルトなどは社外品を使う。
以前起こった社外品での不具合は、エアクリーナーのパッキン部分の厚みが違って、
吸気音が大きくなった。ということ。

sb-log384-01

逆に純正のファンベルトを取り寄せたら、
袋は純正なのに中身はうちの社外で使っている三ツ星製品が届いたり。
プラグを取り寄せたら、中身はそのまんまNGKだったなんてありました。
しかしながら、ブレーキパッドは純正は8500円なのに対して社外は3800円。
しかも交換前の純正よりブレーキテスターにかけたら制動が優れていた。ということもありました。
やはり部品は純正と社外をおりまぜて使用するのが、ランニングコストを下げるコツにもなってきますね。
僕も基本的には社外品ばかり自分の車には使っています。純正でしか出ない
部品以外は全部社外品を使っています。
車はやはり乗っていくと整備が必要になるしお金がかかる。上手く部品を選定していくのがいいと思います。
でも純正を使わないと保証外になる場合もあるのでよく工場と相談してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    確かスズキのVベルト車で、社外品で交換したら角度が違うか何かでベルトが痩せて、オルタネータが回らず再交換になったと聞いたことがあります。
    同内容で雑誌(自動車工学)にも載ってました。

    • MHO より:

      自動車工学に載ってましたね〜。自分も読みました。
      しかも同じ症状のワゴンRが入庫してきたこともあります。あれは苦戦しました。