大雪時の運転の心得などを雪国に住んでいる人間が教えます

降っていますね。雪。

今回降っている雪は東京地方でもそこそこの積雪になると予報が出ています。もともと雪国に住んでいる僕らは雪道には慣れたものです。それでも事故が多発するのは、雪の運転が想像以上に危険だからです。

あまり雪道を運転したことがない人も中にはいると思いますので、大雪時の運転の心得を書いてみます。

雪道は一にも二にも性能がいいスタッドレスタイヤを履くこと

まず、どんなに運転がうまい人間であっても、タイヤがある程度はグリップしないと話になりません。僕は2WDのトラックを空荷で雪道を走ったことがあります。ノーマルタイヤのFC3Sで雪道を走ったこともあります。

いずれにしろ、動かない。止まらない。

どんなに技術があろうがなかろうがタイヤがグリップしないとお話になりません。

まずは性能のいいスタッドレスタイヤを履くこと。おすすめなのはブリヂストンかヨコハマのスタッドレスタイヤです。この2ブランドは頭一つ抜けている性能を持っています。

もしスタッドレスタイヤが調達できなければチェーンを巻くしかありません。タイヤをグリップさせること。これが最低限必要な条件です。

急がつく動作はしないこと

普段なら信号待ちの右折で曲がれるタイミングでも雪道だと、そのタイミングでは危険です。急がつく動作はしてはいけません。

あなたが曲がれたとしても対向車がパニックを起こして事故につながる可能性があります。交差点で曲がる時などはとにかくゆとりを持って曲がること。これが基本です。

雪道の運転は、ゆとりを持っていないとダメなのです。

車間距離は多めに取ろう

これもゆとりの運転につながりますが、車間距離はいつも以上に取ってください。

あなたのタイヤが素晴らしいグリップを誇っていたとしても前走車のコンディションまではわかりません。

目の前でいきなりスリップすることもあります。そうなった時、自分が回避できるだけの車間距離、スペースを確保できることが必要になります。

ブレーキを試しておく

僕は雪が降ったらわざとフルブレーキを試してみます。

どの程度の速度域で、どんな風にブレーキをかけたらタイヤがロックするのか、タイヤのグリップの限界値を最初に試しておく。

これをやっておくと、ABSの挙動に慣れるということももちろんですが、自分の限界がどのくらいまであるかインプットできるので、いざという時に役に立ちます。

当然周りに車がいない時にやること。

それと路面状況が変わったらまた試してみること。

雪が降った次の日の朝がヤバい

一番滑るシチュエーションは夕方に雪が降り出して、次の朝。

これ、もう最強に滑ります。前の日の雪が溶けたものが凍っちゃってる。その上にまた雪が積もる。どこが凍っているのかわからなくなります。

一番滑るのって降りたての雪じゃありません。雪が溶けて凍った路面。ここが少し溶け出して水が表面にあったりすると最強に滑ります。

夕方に雪が降って、翌日にまた雪が積もっていたら路面の状況は最強にヤバいと思っておきましょう。

まとめると

雪道運転の心得をまとめると

・いいスタッドレスタイヤを履く

・ゆとりを持った運転をする

・車間距離はいつも以上にとる

・ブレーキの限界を試しておく

・前の日の夕方に雪が降った時は要注意

それでは、気をつけてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    10年ほど前平谷でクルーガーのバンパーまで雪に埋まり、引き返したことがあります。

    • MHO より:

      今年の福井もすごいことになってますね・・。いつ大雪に遭遇してもいい様に防寒具などを入れておいたほうがいいかもしれないですね