Amazonで一番お買い得な雪用ワイパーを買ってみた

ようやくゲットしました。スノーブレードです。

年末にかけて、長野では結構な雪が降りました。雪が吹雪いている時は普通のワイパーではすぐに関節部分が凍ってしまって、まともにガラスをかけなくなってしまいます。

そんなときは雪用ワイパーであるスノーブレードに交換すると解決。

いろんな種類が出回っていますが、あえて冒険をしてみることに。

Amazonで一番お買い得なスノーブレード

2台分買ってみました。1本1500円程度です。送料込み。

僕が今回買ってみたのがこのZAC JAPANのもの。

なんでこれにしたのかというと、送料込みで一番お手頃価格だったという理由です。ある程度のブランド品であれば、ゴムだけで交換することもできます。

が、このブランドのものは基本的にゴムの交換は無理。使い捨てです。まあ夏用のワイパーと使い分けることで2、3年くらいはもつのではないかな?

とりあえず装着してみます。

まずは助手席側から。

安い割には長さによって二重ロックになっています。

たぶん450cmくらいから二重ロックになっているかな。

完了。

続いて運転席側。

運転席側も二重ロックです。ちょっと形状が違うかな。

完成です!

ワイパーゴムの部分にはグラファイトコーティングされているので、雨のかきもバッチリです。

PIAAやボッシュのものもいいんですが、費用を考えるとこのスノーワイパーも結構いけてるかもしれません。

長さはいろいろラインナップされていますので、該当するものを選びましょう。

追記は大吹雪の時を体験してから書きます。とりあえず紹介まで。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    うちは母親が大手自動車メーカーに納めるワイパーを作っていましたのでワイパーに関しては細かかったですね。
    わずかな拭きムラで変えろと言われましたし。