ゼロクラウン 電子キーのトラブル

ゼロクラウンです。
車検で入庫しましたがとあるトラブルを抱えていた

c-log1086-01
クラウン

それはいつからか、スマートキーでエンジンをかけられなくなったという。
ガソリンスタンドでちょっとしたメンテナンスを受けてからだという

c-log1086-02
また電子キーのトラブルか。とうんざりしましたが、今回はちょっと違った。
キーレスとしては電子キーは作動している。

つまり電池の消耗を疑ったわけですがそうではなかった。

もしかして・・

と思って足元をさわってみると納得。
どうやらガソリンスタンドで整備した人はある程度整備知識のある人であるなと思った。

このクラウンには空気圧モニターというものが存在しています。日産GT-Rのような、タイヤの中にセンサーが入っているものではなくて、
おそらくそれぞれのタイヤの回転数を演算して処理しているものだと思われますけど。

車輪速センサを用いて、4輪のタイヤの回転速度を計測。明らかに回転が遅い、速いタイヤがあれば
空気圧の異常を運転手にしらせるというものだ。

なので、このクラウンはタイヤの空気を入れたら、モニターを一度リセットしないといけない。
そこをゼロとしてスタートして演算していくからである。

スタンドの人はタイヤの空気圧センサーのことを知っていたのだろう。
だけど間違ってもう一つのボタンも押してしまった。

c-log1086-03
それはスマートキーのキャンセルボタンです。

これを押すとスマートキーとしての機能をキャンセルすることができる。
つまり通常のキーレスと同じ状態にすることができるのです。

スイッチを押すとスマートキーが正常に作用するようになりました

c-log1086-04
ついでに電子キーの電池も交換しておいた

c-log1086-05

やっぱりボクは電子キーがイマイチ好きになれないな

電子キーのトラブルでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    よくあるパターンです、手探りでやるとオーナーでも間違えます。GRS182 3.0Lアスリート乗ってましたから。リコールでエンジン載せ換えしました。