ブレーキマスターシリンダー交換時期・交換費用は?

ブレーキの部品で、一番最初に油圧を発生させる装置がブレーキマスターシリンダーです。ブレーキマスターシリンダーは、ブレーキペダル踏んだ力を倍力装置でアシスト。油圧を発生させています。

このブレーキマスターシリンダーの交換時期はどのくらいか?

ブレーキマスターシリンダー交換時期は?

ブレーキマスターシリンダーの交換時期は、中身のOHに関して言うと4年ごとにするようにメンテナンスノートに指示されているメーカーが多いです。

もし4年ごとのオーバーホールをしないとなると、漏れてくるまでというのが一つの目安になってきます。

今ブレーキのゴム部品もかなり品質が向上してきたので、4年ほど経過したくらいでは漏れて来ないことがほとんどです。自動車メーカーはそれでも4年ごとでオーバーホールをメンテナンスノートに記載しています。

ブレーキマスターシリンダーの交換時期は4年ごと・もしくは漏れてきたらです。

ブレーキマスターシリンダー交換費用は?

ブレーキマスターシリンダーの修理方法は2通りあります。内部のみを交換する方法。オーバーホールキットというものです。車種によってはオーバーホールキットの設定がないことがあるので、そうした場合はアッセンブリーの交換になります。

ブレーキマスターシリンダーはアッセンブリーだと2万円近い部品です。ここに工賃が入ります。マスターシリンダーを交換すると、4輪ブレーキのエア抜きもしないといけないので工賃がかさみます。

ブレーキマスターシリンダーの交換費用は15000円〜5万円くらいになってきます。

ブレーキマスターシリンダーOH時に気をつけること

マスターシリンダーをオーバーホールするばあい気をつけないといけないことがあります。それは、ブレーキブースターのプッシュロッドとの距離です。

この位置関係にズレが生じると、最悪ブレーキを引きずる可能性が出てきます。

製品によっては、組み付けた後の距離関係が変わるものもあるので、必ず分解前と分解後でマスターシリンダー内部の長さを計測しておく必要が出てきます。

組み付けた後は4輪ブレーキのエア抜きをして、最後に引きずりが出ないかを確認しましょう。ブレーキマスターシリンダーの修理は慎重に行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする