ドライブシャフトの交換時期・交換費用はどのくらい?

車に使われているドライブシャフト。デフからの回転をタイヤへと伝えているシャフトです。

エンジンからの動力をミッションが変速して、デフへと伝達します。デフから左右のタイヤへ駆動力を伝える役割をしているのがドライブシャフトです。

ドライブシャフトは車軸懸架タイプのサスペンションには使われていません。車軸懸架にはアクスルシャフトを用いてタイヤへ駆動力をつたえています。

ドライブシャフトが使われているのはマルチリンクやWウィッシュボーンなど独立懸架の場合。ドライブシャフト自体フレキシブルに動くので採用されています。

ドライブシャフトはブーツが切れてしまったりすると車検に通らなくなります。

ドライブシャフトの交換時期は?

ドライブシャフトの交換時期はどういう時か?

まずドライブシャフトのメンテナンスとして、ブーツの交換が挙げられます。ドライブシャフトブーツは内部のベアリングを保護しているもので、蛇腹状のブーツ。これが切れてしまうと車検に通らないので交換が必要になります。

ドライブシャフトブーツが切れたまま放置しておくと、ベアリングに水が混入して錆が発生します。すると、異音を発生するようになります。ドライブシャフトの異音は、カーブを曲がった時に

「ガコガコガコガコ」

といった大きな異音を発生させます。ドライブシャフトから異音が発生すると、ブーツを交換しても治りません。

すなわちドライブシャフトの交換時期は異音が発生したらということになります。ただ、異音が発生したとしてもブーツが切れてなければ車検には通るので予算に応じての相談になります。

ドライブシャフト交換費用は?

ドライブシャフトの交換費用はどのくらいかかるか?

一般的なドライブシャフトブーツの交換は、現在は割れブーツが存在するのでメンテナンスがしやすくなっています。ドライブシャフトブーツの交換は割れブーツの設定があれば、7000円ほどでOK。

シャフト自体を交換するとなると、現実的なのがリビルトのドライブシャフトへの交換です。

ドライブシャフトの交換費用は2万円〜5万円程度かかってきます。

ドライブシャフトの交換で気をつけないといけないのは、ハブのロックナットは必ず規定トルクで締め付けないといけないということ。トルクが強すぎるとベアリングを壊してしまうし、弱すぎると緩んで異音を発生する原因になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    昔のFFや四駆車、特に軽自動車は、ドライブシャフトがとても弱かったですよね!
    そんなに距離を走った訳ではないのに、カタカタ音が出ましたよね!
    最近の車は、部品の品質が良くなったのか、ブーツに問題がなければ、ドラシャフから音が出るって事は、本当に少なくなった様に感じます。
    さらには、ブーツもゴムから樹脂製に変わって、こちらの方も耐久性が格段に向上したと思います。
    ただ、この樹脂製ブーツ、ゴム製のブーツみたいに亀裂が分かりやすくないので、切れる時はいきなり切れるのでたちが悪い…。
    そろそろ交換時期かなぁ?なんて判断が出来ないですもんねぇ…。
    まっ、こまめな点検で、無用なトラブルを回避するしかないのかなぁ!?