エンジンマウントの交換時期・交換費用は?エンジンを支えているゴム部品

電気自動車が増えてきたとはいえ、まだまだ車にはエンジンが載って動力をえています。このエンジンと車のボディを連結しているのがエンジンマウントという部品です。

エンジンとボディは直に接続してしまえばいいじゃないか?と疑問が出てきます。どうしてゴム部品を間にいれるのかというと、振動を抑えるためです。サスペンションにも言えることですが、力や振動を出す部品をダイレクトにボディに接続すると乗り心地が不快になります。

それらを抑えるためにブッシュなどゴムを介してボディに接続しています。

エンジンマウント交換時期は?

それではエンジンマウントの交換時期はどのくらいか?

エンジンマウントには明確な交換時期は設けられていなくて、その性能が維持できなくなった時が交換時期だと言えます。

エンジンマウントの素材は主にゴムです。このクッションになってるゴムが切れてしまった時や中にオイルを封入してるタイプもあり、それが漏れ出してきた時。

エンジンの振動がダイレクトに車に不快に伝わるようになった時が交換時期です。

エンジンマウントの交換費用はどのくらい?

エンジンマウントの交換費用はどのくらいか?

エンジンマウントは単純なゴム部品の場合もあれば、振動を抑えるオイルをを封入してあるタイプもあります。オイルを封入してあるタイプは部品代が割高になります。

そして、エンジンマウントは1つだけではなくて2、3個でエンジンを支えています。その全てを交換するとなると、部品と工賃でバカにできない金額になります。

エンジンマウントの交換費用を算出すると、25000円〜10万円くらいかかってきます。

エンジンマウントが保証になる場合も

ダイハツの一部車種ですが、エンジンマウントに不具合があるロットがあります。それは新車登録から9年間は保証延長がかかっています。

走行距離は問わずなので、もしダイハツ車にのってる人は問い合わせてみてください。

ダイハツエンジンマウント保証延長について

何台か遭遇しましたが、かなり振動を拾います。乗ってるユーザーさんも8割程度は気づきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    以前、いとこのミラージュに乗せてもらう機会がありました。
    強化エンジンマウントや強化クラッチなど、かなり手が入った車でした!
    で、乗せてもらってエンジンをかけた途端、凄まじい振動と音(マフラーからの爆音と強化マウントによる振動音)で話すのもままならない位でした!
    たぶん、エンジンマウントを強化すればダイレクト感は出るのだろうと思いますが、あの振動は頂けません…。
    純正のエンジンマウントって、いい仕事をしてるなぁと感じましたね!!
    それと、ちょっと乗ってみるって言われたので少しだけ乗せてもらったのですが、クラッチの恐ろしい程の重さに、ありがたくお断りしました…。
    足がつるかと思いましたね(笑)

    • MHO より:

      いろんなものを強化するとそれだけ乗り心地に弊害がでますよね。純正って幅広いストライクゾーンのど真ん中を狙ってくるあたり、さすがメーカーといったところですね。