高年式中古車を買ったら保証継承点検を受けてないと保証が効かなくなる罠

あなたがもし中古車を買ったとします。それがまだ車検を迎えていないような高年式のものだとします。

通常車には保証期間というものがあります。

保証は「一般保証」「特別保証」の2種類に別れてきます。

一般保証というのは新車登録から3年6万キロまで。

特別保証は新車登録から5年10万キロまで。

一般保証の例としてはエアコンの故障、オーディオの故障、パワーウインドウの故障など。オーディオは純正品に限ります。車を構成する全部品になってきます。

特別保証の例としては、エンジン、ミッション、ABSなど。車の走行に関わる部類の保証です。

もし中古車を買ったら、保証継承点検というものを受けることで、保証を受け継ぐことができるのです。

車の保証は名義が変わるときかなくなる

気をつけないといけないのは、車の保証って名義が変わると効かなくなるんです。つまりどういうことかというと、中古車を購入するということは名義がもともとの名義からあなたの名義に変わります。

この際、ディーラーで保証継承点検というものを受けておかないと、保証期間が残っていたとしてもディーラーでは保証修理をしてくれないのです。

おそらく中古車店で名義が変わった後に気を利かせて保証継承点検をしているケースがほとんどだと思います。

ですが、中には保証継承点検をされないままの車両も見受けたりします。

つまり、高年式の中古車を買ったら保証継承点検をしているかどうかを中古車ショップに聞いたほうがいいということ。

ちなみに保証継承点検の費用は通常の12カ月点検とほとんど同じです。大体1万円〜2万円くらいの間になってきます。それでも5年10万キロまでエンジンやミッションなどを保証してくれるのだから受けておくに越したことはありません。

定期点検をしていないと保証外になることも

保証継承点検を受けていると言っても、定期点検を受けていないと保証外になる場合もあります。

特にエンジンが壊れたなど、その原因がメンテナンス不良に起因するものだとディーラーは保証を渋ってきます。

なので、5年10万キロ内であれば定期的に点検を受けておいたほうがスムーズに保証がきくのです。これはディーラーで受けなくても大丈夫。

あなたのお世話になっている車屋さんにきちんと点検をしているという、履歴をディーラーに提出できれば問題ありません。

車は高額な買い物です。保証についても十分注意をしておいてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nk3 より:

    そんな点検があることは知らず、以前スバル専門中古販売店で購入したとき、見積もりの中に継承点検費用がいきなりはいっていて驚きました。
    一方、ダイハツ車(2年落ち)を友人から購入したときに、ダイハツディーラーに継承点検お願いしますといったら、「やるんですか?」って感じの対応でした。点検後、法定12ヶ月点検のステッカーが貼ってありましたね。