MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ここ最近のメーカー純正オイルの表記に困ることが多い・・粘度やグレードが分からない

time 2016/06/02

ここ最近のメーカー純正オイルの表記に困ることが多い・・粘度やグレードが分からない

image

ここ最近のメーカー純正オイルが厄介です。

エンジンオイルの交換にも神経を使うようになってきた時代です。マツダのスカイアクティブDなんかオイルを交換したら、設定をリセットしないといけなかったりします。

それが一人でやると意外と骨の折れるドタバタっぷり。

最近の高性能エンジンについては、エンジンオイルの量は厳守だしきちんとしたグレードと粘度を合わせないとマズイ。

昔のようにアバウトにはいきません。

そんなわけなので、新車のオイル交換などを依頼されると取扱説明書を開いたりして、どの程度の量が入るのか?

そしてどのようなオイルを使えばいいのかをきちんと把握してチョイスするのです。

sponsored link

粘度表記のないオイル

困るのが粘度表記のないオイル。

イラストで描いたのはマツダのデフオイルです。これには粘度が書いてない・・。通常オイルってグレードと粘度があっていれば汎用品で代替ができます。

ただこのように粘度が記載されていないとある意味お手上げになってしまう。

これは新型のND型ロードスターの指定デフオイルなんです。

NDロードスターのデフオイルって量はわずか0、6リッター。それだけのために20リッターのペール缶で購入するのも・・。

とはいえ代替オイルが案内できない場合は、工場で仕入れるかそれともマツダで交換してもらうしかなくなってしまう。

今こういった困ったオイルが純正でかなり多くなってきています。もうちょっと汎用性をもたせて欲しいんだよな・・・。

とぼやいてみました。

プライベートでやるなら買っちゃいますけどね・・。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ