スズキ車、ドアミラーを開閉したらガガガ音!1000円弱のギヤを換えれば直る

スズキ車で頻繁に故障をするのがドアミラーです。

ドアミラーを開閉しようとしたら、ガガガガガガと音だけ鳴り響くトラブル。

実はこのトラブル、スズキ車じゃなくても起こりえるんですけど、とある年代のスズキ車は良く壊れます。

見かねて、メーカーが保証延長を発表したほどです。

しかし、保証延長の期間が過ぎたらやはり実費で修理が必要になる。

台数を看過できなくなったのか、メーカーで内部交換部品を設定するようになりました。

具体的にどこがどのように壊れるのか?

ミラーの小さなギヤが壊れてしまう

この車は、保証延長の対象外となっていました。

対象外ということは、考えうるにそう簡単に壊れる部品ではなくて、すでに対策済みである。ということなんでしょうか?

しかし症状は他のスズキ車と同じで、ミラーの格納ボタンを押しても音が鳴るだけで動きません。

原因はわかっているが分解して検証してみます。

ドアミラーは脱着にはそんなに時間はかかりません。

カバーやらミラーやら外していきます。ちなみにオーナーは新品ミラーへの交換を希望しているため、これはただの検証材料になっています。

バラバラにしていかないと、原因部へたどりつけません。

ここまで分解するといよいよ確信内部へ。

ここがドアミラーを開閉するギヤの部分です。

ミニ四駆のモーターのようなものがついてますね?電気であのモーターを動かして、ドアミラーを開閉させています。

ではどこに不具合が出てしまうのか?

モーターのウォームギヤは金属製。見たところ問題はなさそうです。

ドアミラーの軸を動かすギヤも金属製。こちらも目視でギヤ飛びなどはない。

問題はやっぱりここでした。

ミニ四駆のようなモーターから動力を根元のギヤへ伝えている部分です。

しかし、ぱっと見個々のギヤもギヤ飛びは一見ないように見えます。

問題はここです。

割れています。

フローを書くとこうなります。

ドアミラーの格納スイッチ押す→ドアミラーのモーターに電源が入り動く→モーターからミラーの根元をつなぐギヤのシャフトが空回りするだけで、動力が伝わらない。

つまり、ドアミラーを開閉しようとしたらガガガ音が鳴るスズキ車は、たった一つのこのプラスチックのギヤを換えるだけで直るんです。

ここの強度が不足しているのですね。

自分で直せば部品代は1000円くらいで買えちゃうんです。

お店に頼むと、ドアミラー脱着からのOHになるので、工賃が高くなります。

ドアミラーを新品に交換すると

ドアミラーASSY・・・31500円

工賃0.3時間 (2000円~3000円)

ギヤだけ変えるとなれば部品代が1000円弱で、工賃は1時間計上されても1万円以内におさまります。

DIYが得意な人なら自分でもできると思います。問題は保証延長がでていない個体でも、同じ場所が壊れるという事。

保証延長の範囲を拡大すべきですよね。同じところが壊れてるんだから。金属製なら3000円位で買えますね。

シェアする

フォローする