バイクと4連キャブレター

bike-4cab1

これは何ですか?

ふふふ。キャブレターですね。しかも4連キャブレターです。

うちの整備工場はバイクの車検もやっています。
バイクから大型トラックまでオールOK★

というわけで、バイクの整備もしたりするんだよね。

でもって、バイクって言うのはあったかいときしか乗らないでしょう?
バイクの保管方法なんかをちゃんと心得ているライダーならいいんだけど、

趣味程度でちょろっと乗って、車検時に整備を全部お願いするなんてライダーのバイクは
大抵がエンジンがかからない状態です。

その一番の原因はこのキャブレターが詰まっている

という状態になっているのです。

この4連キャブはカワサキのZZR600ccのバイクなんですが、

コレもエンジンがかかりませんでした。バッテリーも上がっています。

bike-4cab2
只今整備中

なぜ、バイクはエンジンがかからなくなってしまうか?

まぁ第一にバッテリー上がりね。冬眠させるときは最低でもバッテリーの端子は外しておこうね。
そして

キャブレターの詰まり。

このZZRも例外になく2気筒死んでいて、片肺状態でした。
bike-4cab3

センタースタンドのないバイクって、こうやって左側によっているでしょう?

これで左半分のキャブレターにガスがよってしまい、詰まってしまう。
大体がこのパターンだよね。バイクをしばらく乗らないときなどは、

キャブレター内のガソリンは必ず抜いておく癖をつけましょう。

ではその原因のキャブを掘り出してみてみましょう。

bike-4cab4
キャブはこのように下のほうからばらしていきます。

フロートを外して、ジェットと対面。このジェットというのが燃料を噴射しているやつです。
これの穴が詰まっちゃうんだよね。

bike-4cab5
右が正常なジェット。左が詰まっているジェット

ガソリンが腐って、詰まるとこのようにバッテリーの粉みたいのがジェットについてしまいます。
これらのジェットを全て綺麗にしないといけないんだよね。

ジェットだけでもたくさんあるんですよ。

メーンジェットやらスロージェットやらいろいろとね。一つのキャブに3つはついているからね。
それをすべて綺麗に掃除してやる。これがキャブレターのOHです。

これでもだめならジェットとフロートを交換する。

それでも駄目なら残念ながらキャブレターASSYで交換だ!

bike-4cab6

まぁバイクの車検で何がいやかって、このようなキャブレターのOHと、
バイク自体を検査レーンに通すことですね。

バイクでスピードメーターチェックするときは心臓ばくばくもんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする