車を値引きする理由

先日久しぶりに大口の車が売れました。トヨタのエスティマです。
新型と旧型でどちらにしようか迷ったらしいのですが、やはり買うなら新しい方だということで
新型になりました。うちの工場は全てのメーカーを取り扱っているので、
基本的にギョウハンで卸してもらいます。普通に車をディーラーに買いに行くと、ディーラーの人も
当然値段をのせて販売したいから、値引き率が低くなります。
ですが、こういった町工場を通せば逆にディーラーで買うよりも安く買えることがあります。
ディーラーにとっては町工場の営業スタッフは大口のお客様。当然無理も聞かないといけないと。
ディーラー自体にはもっと値引けるだけの力があるんだろうけど、そこまでは踏み切らない。みたいな。
でも同じ業界の工場から依頼があれば、お得意先ならなおさら安くするということがままある。

スポンサードリンク

では、車を値引く理由ですが、うちの工場では新車での儲けは一台に付き5万円あればいいと踏んでます。
なので、新車では儲けない。うちのお客さんになってもらって長い付き合いをしていくなかで
利益を上げさせていただいていくという考えですね。なので車検は1日に10台平均で入庫してきます。
車検は利益が高いので車検をとりにいく姿勢はどこの整備工場にも負けていないと思います。

車には一応定価というものがあり、そこからどの位値引けるか?
これは時期にもよってきます。当然決算月で数字が足りないというときならディーラーも儲けを外視して
売るでしょう。儲けもそうですが、数字が欲しい。赤字にならなければいいと。
そして、大量の在庫を抱えてしまった場合など。このリーマンショックの世界恐慌などがいい例で、
車の在庫は所狭しとたくさんあります。そういった在庫をはくために、ディーラーは儲けを考えないで
とりあえずさばくことを考える。これが大きな値引きになります。
昔のバブリーな時代のビッグ3など、リンカーンを一台売れば250万円の利益になった。などというケース。
逆に言うと、250万円値引けるということですからね。
車を買うときは、とにかくいろいろな店を回ってみて、親身になってくれる人を探すこと。
コレに尽きると思います。面倒見が良い営業マンなら、買った後のアフターフォローも良くしてくれます。
てなわけで車の値引きに付いてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)