MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車の操縦の仕方

time 2014/10/29

車の操縦の仕方

基本的に車屋さんはお客さんの車を整備する際、引き取りにいくか車両を持ち込んでもらうかのどちらかになります。

うちの会社は昔がたきで引き取りに行くケースもたくさんあるのです。

車屋さんをやってるといろいろな車に乗れるチャンスが到来するわけですが、

時にプレッシャーになることもあるのです。お客さんは車屋さんは何でも知ってると思ってるきらいがありまして、

それはそれはプレッシャーなのです。

一番良く感じるのが車を引き取りに行くときお客さんに見送られることが殆どなんですが、

時に操作方法に戸惑うことがあるのです。

ここ最近の最たる操作難儀と感じるのがエンジン始動方法。

昔のように一貫して鍵をキーシリンダーに入れて、イグニッションスイッチをONにすれば

エンジンがかかるのであればいいんですが、最近の車はエンジンのかけかたが変わりつつあるので

困ってしまうのですよ。エンジンプッシュボタン式からスマートキータイプ。

初めてプッシュボタン式を預かった時は見事にエンジンが一発でかけられませんでした。

プッシュボタン式はブレーキを踏んだ状態で押さないとエンジンはかかりません。

それを知らなかったので思わずその場で説明書を開いたこともあります。

あと外車がわからない。初めてスマートを取りに行ったときは鍵を差し込む場所がわからなかった。

smart

スマートは確かセンターコンソールのシフトの近くだかにあったんじゃなかったっけ?

とまあエンジン始動ひとつ取ってみてもこの有様なわけです。

サイドブレーキのレバーがセンターコンソールになくて右側についてる初代エスティマ。

シフトがコラムにある古いマニュアルのアトラスなんかシフトポジションが全くわからなかった。

しかもシフトリンクの各ブッシュがへたっていてまともに操作しても入りづらかったり。

お客さんにしてみれば
「この人大丈夫かな。」

なあんて印象になってしまうわけです。車によってワイパーのスイッチすらわかりづらいのもあるんですよ

こればかりは経験を積むしかないというわけで、工場に入庫した車は操作位は全て確認するようにしています。

それにしても最近の車の進歩はめざましいものがあると同時に、それがプレッシャーになっている自分がいた。

というオチでお願いします

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ