再利用不可のネジ・ロックナットとは

世の中には、再利用不可能なネジがあります

locknut1
コレ

これはどこのネジだかわかりますか!?

これはホンダのTODAYのリアハブのロックナットです。

なんじゃらほい!?

要するに、ハブを締めているネジです。

この手のネジは、絶対に脱落してはいけない部分です。

もしハブのネジがとれちゃったら、タイヤがとれちゃうもんね。
そうなったら大事故です!

大事故。

だからハブのネジには、割りピンでネジが回らないようにとめたり

このようなロックナットを使ったりしています。

絶対に緩まないようにするためにね。

locknut2
これが新品

これを

locknut3
リアのドラムブレーキ部分のハブ

locknut4
ドラムをかぶせて、ロックナットをつけます。

これは2WDですので、ハブベアリングはドラムに圧入されています。

locknut5
規定のトルクで締め付けて、

locknut6
このネジ山のへこみ部分に

locknut7
このようにマイナスドライバーでネジを

がつん!!

と打ち付ける

そうなると

locknut8
へこみ部分にナットをかしめて、緩まないようになります。

これがロックナット。

もちろん再利用不可能です。

ネジにはそこの部分に必要なネジを使いましょう。
再利用不可能なネジは再利用しないようにね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする