人気車種と不人気車種

本日は人気車種と不人気車種について。
車はデザインやら性能やらでやはり好みが分かれてくるものです。
発売当初は好調でも総合的に見れば不人気車種だったなんてこともありえます。
それぞれメリットとデメリットがあるので紹介。
まずは人気車種。メリットは人気なので球数が多い。
これが重要で整備をするうえで部品の流通もよくなる。
数が多いだけあって部品も相当数が出回るのですぐに部品が手に入る。
昔AZワゴンの部品は間に合わないけどワゴンRの部品なら間に合うということで、お客様に聞いたら早い方でということになりAZワゴンなのにワゴンRの部品を付けたことがあった。
確かドアミラーのスイッチでした。

そして自分の車がどれだか分からない。逆をいうと人に行動をさとられにくい。
相反として個性を出しづらいというデメリットもありますが…。
リセールバリューに期待ができるのも人気車種のメリットですね。
一方不人気車種のメリットは個性を出しやすい。車自体の球数が少ないので目立ちやすいということ。
そして値引き率が高い。車としての性能は申し分ないのに人気がないという理由で購入時の値引きにつながったりします。
部品の流通はやはり悪いですね。それでも製造中止から8年はメーカーが新品部品を供給する取り決めがあるそうなのである程度は大丈夫。
たまに人気が製造中止後に再燃したりして中古が高くなることも。
いわゆるレアな車になるわけですからね。
どちらを選ぶのがいいかは本人次第でしょう。好きになった車なら人気車種でも
不人気車種でもどっちでもいいんじゃないかなと。
あまり車にこだわらないのならやはり人気車種を無難に選んだ方がいいと言えますね。
球数が多いということはどこの工場でも面倒を見てくれやすいし。
というわけで本日は人気車種と不人気車種についてでした。やはり気に入った車に乗るのが一番ですよ。
気に入っているというのが長くのる秘訣だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 修理屋35歳 より:

    OEMで同型エンブレム違いは部品が早く揃っていいですね。
    最近、純正品と優良社外品との部品の差はどこなのかを検証するために消耗品も全て純正品で注文しています。
    部品屋さんの方で気を利かせてくれるので、リアハブロックナットがスズキ、そのキャップがマツダ、スパークプラグが他車種ですがスズキOEMがあるのでニッサンとかザラです(笑)

    • MHO より:

      社外品の部品で最近疑心暗鬼なのがハブのロックナットです。セルフロックタイプのはずなのにするすると奥まで入ってしまうナットなど
      これで大丈夫かな?と不安になり純正を取り直したことがあります。
      部品屋さんも慣れた人ならOEMで部品の早いメーカーのものをチョイスしてくれますよね。