デイズ、CVTフルードをDIYで交換してみた

日産のデイズですが、CVTフルードをDIYで交換してみました。

なんでCVTフルードを交換しようと思ったかというと、走行距離が進んできたということと、駆動系からなんとなくいつもと違ったノイズが聞こえてくるようになってきた気がするからです。

走行距離は8万キロで、多分交換は2回目くらいのタイミングになると思います。

メーカー指定の交換距離も4万キロごととなっていて、妥当なタイミングですね。

デイズに使われているCVTフルードは日産のNS-3。

今回は純正を買ってきました。

ゲージでは汚れ具合がイマイチわかりませんね。

交換方法は、ゲージからオイルチェンジャーで吸い上げて、同じ量を入れる希釈法です。

このオイルチェンジャー、買って何年経過したかわかりませんが、ものすごく重宝しています。今のところまだ壊れていません。

今自分の家のオイル交換も全部この方法で行っています。

上抜きの方が抜けるエンジンなので。

抜き終わったら、計測します。

一回で上抜きできる量はこのくらいです。

2.5Lくらいしか吸えません。

抜き終わった後に、大体の目分量で同じくらいの量を入れます。

水色っぽい色をしています。

ゲージを確認して、とりあえず規定量入ったらフルードを循環させるためにひとっ走り走ります。

その後もう一度フルードを抜きます。

大体4L近くまで抜けたところでやめておきます。今回は4Lしか用意してないので。

ある程度入れて、走りながら量を確認していきます。そこそこ走って、このくらいの量まできましたので、とりあえずよしとします。

抜けたフルードは黒いですね。もうちょっと早いタイミングで交換してあげた方が良さそうです。

本当はミッションのフィルターなども交換したかったんですが、時間がなかったので今回は省略。次回はフィルターも用意して交換しようと思います。

希釈法だと交換してる意味がない!とガチ勢から言われてしまいますが、DIYなのでよしとします。

確かにオイルパンを外して圧送交換の方が絶対にいいのは分かってますけどね。

それでも交換しないよりはずっといいと思います。

NISSAN(ニッサン) 日産純正 CVTフルード NS-3 4L KLE53-00004

NISSAN(ニッサン) 日産純正 CVTフルード NS-3 4L KLE53-00004

4,851円(07/14 07:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

使った道具はこんなところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする