タント、キーの電池を変えても電池残量警告が消えない?対処法は

タントに乗っている人から相談を受けました。車を買って1年半ほど経過したら、メーターに

「キーの電池残量が残りわずかです。」

というメッセージが出たと。

タントです。

エンジンを始動して切ると以下のようなメッセージ。

まあ、これは単純にスマートキーの電池が減っているんだろうと。

最近交換したかを聞いたら、交換していないというので交換してみました。

使っている電池はCR2032が1つです。

電池を交換して試してみましたが、エラーメッセージが消えない・・・・。

もしかして、スペアキーも交換しないといけないパターンかな?それとも、診断機を繋げないとダメなのかな?と。

とりあえずスペアキーは持ってきていないというので、診断機をつないでオールダイアグを読み取るとエラーは何もなし。

ネットを探しても、まだこの手の不具合が出ていないようで、情報はなし。自分の中ではスペアキーの電池を交換しないとダメなんじゃないかなって思いながらも、近隣のダイハツディーラーに聞いてみました。

すると、電話対応してくれたサービス担当者は経験がないらしく、わからないというのです。

一旦情報を調べてみますので、次に来るときはスペアキーを持ってきて欲しい旨を伝えました。

スペアキーの電池も交換しないとメッセージが消えない

ファイネスの電子マニュアルを閲覧しても、このインフォメーションの消し方について記載が見当たりませんでした。

そして1週間後に再度来店してもらい、スペアキーを点検すると、インジケーターのランプが点灯しない。

つまり、電池が完全に切れているようです。

スペアキーの電池を交換して、試してみるとメッセージが消えました。

この人曰く、家の中からスペアキーを出したこともないのに、なんで感知するのかなと。

電波がそこまで飛んでいるのか定かではないですが、このエラーメッセージが出たら電池をスペアキーを含む両方交換してください。

2年持ちませんでした。

スペアの電池交換後は、バッチリとエラーメッセージが消えました。ちなみにスズキ車もメインキーとスペアキーの両方電池を交換しないと、警告ランプは消えません。

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P

405円(04/14 17:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする