MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

バッテリー端子の腐食による亀裂

time 2015/09/10

バッテリー端子の腐食による亀裂

お客さんから、
「自分でバッテリー交換したけどエンジンがかからない」
という依頼を受けて出動。

c-log764-01
原因判明

c-log764-02
見事に割れている端子。
緑青がふいているのに、そのままにして放置しておくとこのような結果になります。
端子はやせ細って、通電性がわるくなり、
バッテリーからセルモーターへ大電流がながれなくなってしまいます。

 

バッテリー端子をいつまでも健康に保つ方法は簡単そのもの

c-log764-03
バッテリー端子

c-log764-04
端子に油を塗っておきます。

できればグリスのような固形状の潤滑油が良い。

c-log764-05
スプレーグリスなどでもOK。

端子をグリスでコーティング。

これだけで緑青からの被害を防げて、いつでも端子を健康に保つことが出来ます。

因みにバッテリー端子の打ち変えは結構大変で、
工賃だって当然発生します。

そうならないためでも、1年に1度でもいいからバッテリー端子には
グリスを塗っておきましょう。

sponsored link

コメント

  • このタイプの端子は破損が多い気がします。
    +端子はさほど難しくは無いと思いますが、-は線の長さがぎりぎりのため交換したことが何度かあります。

    by 愛知の事務員 €2015年9月11日 07:01

    • グリスをこまめに端子に塗っておけばここまでひどくはならないんですけどね

      by MHO €2015年9月12日 20:03

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ