バッテリー端子の腐食による亀裂

お客さんから、
「自分でバッテリー交換したけどエンジンがかからない」
という依頼を受けて出動。

c-log764-01
原因判明

c-log764-02
見事に割れている端子。
緑青がふいているのに、そのままにして放置しておくとこのような結果になります。
端子はやせ細って、通電性がわるくなり、
バッテリーからセルモーターへ大電流がながれなくなってしまいます。

バッテリー端子をいつまでも健康に保つ方法は簡単そのもの

c-log764-03
バッテリー端子

c-log764-04
端子に油を塗っておきます。

できればグリスのような固形状の潤滑油が良い。

c-log764-05
スプレーグリスなどでもOK。

端子をグリスでコーティング。

これだけで緑青からの被害を防げて、いつでも端子を健康に保つことが出来ます。

因みにバッテリー端子の打ち変えは結構大変で、
工賃だって当然発生します。

そうならないためでも、1年に1度でもいいからバッテリー端子には
グリスを塗っておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    このタイプの端子は破損が多い気がします。
    +端子はさほど難しくは無いと思いますが、-は線の長さがぎりぎりのため交換したことが何度かあります。